走シンドローム

大会の出走記を中心にマラソン・ランニングの情報を独断と偏見によってまとめます。栃木県中心。※内容の正誤はご自身で確かめ、ご判断ください。

3000×1(レース1週間前の仕上げに)

7月8日(土)のウェーブエンペラーカップに向けたスピードトレーニングを実施しているわけですが(詳細はこの記事の最後を参照)、いよいよ来週に迫りました!

さすがに5月からの突貫工事だったため仕上り不足感は否めませんが、ある程度まではもってこれたかな、と思っています。

 

本日は高根沢町民広場にて3000×1。町民広場は土(砂)の400mトラックですが、仲間のお昼休みに合わせてここで実施しました。走りづらいですが、一人でやるよりマシと思い、ここにしました。

3000×1の意図としては、実践(5000m)に近いレベルでの最後の追い込み練習です。本来であれば、ここで3000+2000+1000、とか、3000+3000+1000、とか、何なら5000のTTをやってもいいのですが、そこまでレベルが達していないのでせめても3000をやっておこうという感じですね。また、時期は大会のちょうど1週間前とかが個人的には良いのですが、仕事の都合でこの日にやってます。ペースは5000目標のイーブンくらい、3'30"以内を第一目標として、余裕があればもう少しあげるイメージでした。

 

結果から先に・・・3'26-3'30-3'28=10'25

 

タイムとしてはまずまずでした。イーブンでいけたのが何より。最初の入りはリラックスして余裕を持ったペースで。中盤1000~2000は、それを維持したイメージ。実際、1周目が81と速かったので、2周目以降~2000はほぼイーブンのペースでした。感覚的にもあまり無理せずいけてました。そしてラスト1000。ちょっと上がってますが、仲間が前に出てくれて少し上げてくれました。さすがにキツかったですがタイムとしては上げて終われたのでよかった。

土のトラックでこれ、余裕はあったので、本番は5000を1730以内ではいけるかなー。あとは調子次第ですかね。

最近いつも思うのは、一人で走るときと、誰かと走るときで、こんなにも余裕度や追い込める度合いが変わってくるのか!ということ。僕のメンタルが弱すぎるのもあると思いますが(笑)、やはり殻を破りたい方は誰かと練習することをオススメします。

 

さて、あと10日後に本番。前述の通り1週間前に刺激を入れるのがいいのですが、予定が合わないので、あとは体調に合わせてジョグと流しで繋ぎます。そして、予定では大会2日前に1000*1。まずは体調第一に!

 

 

▼トラック5000mに向けた練習振り返り

①春日部大凧マラソン

kou90ersrun.hatenablog.com

②200×10+1000×1

kou90ersrun.hatenablog.com

③1000×5

kou90ersrun.hatenablog.com

④リレーマラソン(2000×6)

kou90ersrun.hatenablog.com

⑤1000×3+600×2+100×3

kou90ersrun.hatenablog.com

 ⑥2000+1000

kou90ersrun.hatenablog.com

⑦1000*5(記事にしてません←さぼってます。笑)

⑧3000*1(今回)

 

奥川健康マラソン(視察)

今日は福島県西会津町で開催された「奥川健康マラソン」。42回の歴史をもつ伝統的な大会です。

okugawa-marathon.com

大会会場は宇都宮中心部から約220キロも離れた場所。福島県と言いつつ、猪苗代や会津若松を更に西に進み、もはや新潟県に近いエリア。更に西会津町の中でも奥まった?ところに存在する奥川地区での開催。インターを降りて10キロ強あります。どんどん道が狭くなり、山間部を進み、初めての方は不安になるかもしれません。笑

 

種目は最長で10km。奥川地区山間部のアップダウンのあるコースを走ります。毎年暑いイメージがありますが、今年はとても涼しく走りやすそうでした。参加人数もそんなに多くなく走りやすい。町の運動会みたいな感じですね。

参加賞はタオル。走ったあとにおにぎりと山菜汁。これがおいしい。

かなーり遠いですが2000円で大満足な内容。更に言うと景色が綺麗で星空なんかは最高なので、前泊の旅ランが一番いいかもしれないですね!

runnet.jp

 

2000+1000(実践練習の導入に)

今日は小山市も宇都宮も陸上競技場が使えないので、栃木市の陸上競技場にて練習です。今日は県民の日特別ということで、無料開放されてました!

栃木市のトラックですが、張り替えてから柔らかくなった感じがします。地面に足が吸い込まれる感じがして、ちょっと走りにくい。

 

さて、肝心の練習ですが、2000+1000としました。本当はもうちょっと本数多くしたいと思ってたのですが、本当にこなせるのか?という疑問と、一緒に練習する友人が嫌がってたので(笑)、シンプルにしました。

今まで1000×5を中心に実施してきたので、全体的な負荷は落ちますが、一回の距離が2000に伸びました。少しだけ実戦に近づいた形です。なお、本来であれば2000+2000+1000とかができれば、より5000の実戦に近くなります。2000は一定のペースで、400ジョグで繋ぎ、1000は最後追い込めるだけ追い込みます。

今まで、1000×5のペースは3'30でやってきました。5000の目標も3'30イーブンくらいで上出来。ということで、2000+2000+1000をやるなら3'30ペースでいいと思いますが、短いので、3'20で頑張ってみることにしました。

 

正直めちゃくちゃ不安でした。練習で、3'20で1000以上走るなんて久しぶりすぎたので。ただ、友人がペースをつくって引っ張ってくれたこともおそらくあり、1000通過ではちょっと余裕あり、3'20。これには驚きました。が、着実に練習が積み重なってるなと思いました。このあと少しずつ辛くなってきて、後の1000も考えて無理しすぎなかったこともあり、3'22。合計6'42。うん、いいぞ。と、思ったのも束の間。400ジョグしている間に何だか気持ち悪くなってきました。吐き気とか、そういうものではなく、練習1時間前に食べたバームクーヘンが胃の入り口で暴れてる感じ。何してんだ自分・・・(笑)。結果的には1000を走っている間ずっとこれが付きまとい、ペースを上げきれずに3'29でした。2000を大体3'20イーブンでいっていることを考えると、この1000は3’20を切ることは最低条件でしたが、バームクーヘンのせい(=自分のせいですが)にしときます。。。

ただ、前の追い込み練習までは1000を3'30のペースでいっぱいいっぱいだったのに、今回は落ちても3'29だったので、逆に自信にもなりました。目標のウェーブエンペラーカップまであと1ヶ月。どこまでスピードを戻せるか・・・

▼トラック5000mに向けた練習振り返り

①春日部大凧マラソン

kou90ersrun.hatenablog.com

②200×10+1000×1

kou90ersrun.hatenablog.com

③1000×5

kou90ersrun.hatenablog.com

④リレーマラソン(2000×6)

kou90ersrun.hatenablog.com

⑤1000×3+600×2+100×3

kou90ersrun.hatenablog.com

 

なお、ジョグ練習の時も毎回終了後に流しを入れるようにしています。

 

 

柴又100K(50km地点視察)

今日は「柴又100K」50km地点で運営お手伝いでした。

まず柴又100Kについて。今回5回目を数えるウルトラマラソンで100kmと60km種目があります。サブ種目として100kmコースを平行して行われる小学生の1km×100人リレー(すごい!)。

この柴又100K最大の特徴は、東京発着の公認ウルトラマラソン!そして朝が比較的ゆっくり(6時半スタート)。国内の他の公認ウルトラマラソンはどうしても郊外に出て一泊しなくてはなりません。気軽に参加できるウルトラ(ウルトラの時点で気軽ではないですが。笑)マラソンという点は特出しています。

そしてコース。こちらは逆に他のウルトラマラソンに比べたら魅力が少ないです。江戸川の堤防上をひたすら北上、東京→埼玉→千葉→茨城。そして復路はほとんど同じ道を南下茨城→千葉→埼玉→東京。余談ですが、千葉迂回ルートは第4回(昨年)からです。メリットは比較的平坦なこと。デメリットは単調、日影がない、風の影響を受けやすい、応援が少ない、、など。

ただ、給水は約2.5キロに1回と豊富なことや、ドロップバッグ(50km)・スペシャルバッグ(80km)など運営は充実。安心して走ることができます。5回目になり、私設エイドも充実してきた気がします。

 

さて、今回は50km地点となる茨城県五霞町にて。ここは茨城県の中でも僻地で、江戸川を挟んで埼玉側にあります。ただ、圏央道が通っていたり、国道4号が通っていたりと便利な場所ではありますね。

柴又100Kの中では唯一と言っていい公道コースです。江戸川を降りて2kmほど走り、五霞町のエイドとなります。ここは50km地点、五霞おもてなしエイド(うどん、野菜、すいかなど)、ドロップバッグ、関門、救護・リタイア収容、と、東京柴又の次に重要な拠点となります。ちなみに、関門は「エイドOUT」なのでご注意を!

f:id:kou90ers:20170605115852j:plain

五霞おもてなし隊のボランティアの皆さんがとても元気よく、年に一回遥か50km先から走ってくるランナーを元気付けます。小学生・中学生も多く理想的!ランナーはここで元気を受け取り、後半50kmを走っていきます。

 

f:id:kou90ers:20170605115909j:plain

栃木のランナーにとっては、東京まで出て栃木のすぐ近く茨城県五霞町まできて、また東京に帰る、と考えると少し億劫ですが(笑)、一度出てみたい大会のひとつです。

 

※栃木では今年から日光ウルトラが開催されます。こちらは更に暑い7月、いろは坂含む難コース。今年の皆さんのレポをみてみようと思います(僕は当日東和ロードレース)。

 

runnet.jp

runnet.jp

runnet.jp

1000×3+600×2+100×3(身体の動きが悪かったので、途中軌道修正したスピード練習)

200×101000×5リレーマラソンと、順調に短い距離のレース(5000m)に向けて練習を積んできました。今日はワンステップ上がり、1000×5(間200jog)に挑戦予定でした。

この1000×5、以前行ったものとは似て非なるもので、前回は間を200ウォークで繋いで無理なく5本こなしたのに対して、今回は間を200jogで繋ぎます。5000m本番に向けてより実践的な練習となり、後半になると息も動きもきつくなって、それでも耐えることで体力的にも精神的にもレベルアップする、なかなかハードな練習です。ちなみに、これがこなせるようになると2000×2+1000や、3000×2+1000、3000+2000+1000、などのより実践的な練習に取り組むこととなり、その先に5000mのレースがあるわけです。考えただけでも恐ろしい練習です。。。笑

 

本日の練習ですが、栃木県総合運動公園(西川田)陸上競技場にて行いました。120円で利用可能です。利用可非はこちらから。ただし、国体に向けた公園全体の工事のために秋辺りから使用不可となります。

 

さて、ようやく本題。僕は以前の1000×5と同じように3'30”で入り、余裕があれば後半上げてく算段でした。しかしです。1本目はまぁそこそこ余裕を持ってこなすのですが、なんだか動きが悪い。以前走った時よりかなり無理して同じペースを保ってる感じがします。身体がうまく動かない。200jogで繋ぎ、息が少し上がった状態で2本目。今度も重い重い。かなり無理して3'30”。この時点でかなりきつかったのですが、これで止めては練習の意味がないのでとりあえず3本目まで行くことにしました。しかし、もうここではペースを作ることさえままならなくなっています。最初の200を40秒という速さで入ったのに中盤段々と落ちてきてイーブンペースまで落ちたと思えば、最後はイーブンペースより遅くなってもがきながらのゴール。3'31”。ここで、次落ちることがなんとなく目に見えたので残り2本を600にしてペースは守ることにしました。4本目600、2'09”。ペースよりかなり遅い。5本目は2'04”と少し上げましたが、最初無理に入って後半落ちてのこのタイム。内容が悪すぎますね。

今思えばもがく練習として残り2本も1000をやってもよかったかな、と。ここらへんが一人で練習している弱さですね。このまま終わらせたら次に響きそうなので、100mを流しで3本。バラバラになってしまったフォームを戻して気持ちいい感覚で終われるように、です。

 

ということで、反省点だらけの練習になってしまいました。そもそもの力不足もありますね。後は、今週ずっとゆっくりのジョグだけしかしてなかったので、急に速い動きに対応できなかったのもあるかもしれません。やはりジョグの後に流しは市民ランナーとは言え重要です。短いレースに出ない方にもオススメします。

 

さて、1ヶ月半と時間がなくなってしまったウェーブエンペラーカップ。あと2、3回1000mのインターバルを確実にこなして、ジョグの後の流しは忘れず実施。大会1週前くらいに3000TTをする流れで挑もうと思ってます。

42.195kmリレーマラソンinろまんちっく村(大会出走)

今日はろまんちっく村で開催されているリレーマラソン大会に参加。今年で5回目の開催となり、2000名近くの参加者と、リレーマラソンでは大きめの規模。

 

この大会は栃木県内では貴重な時期・そして種目設定であることから仲間内でわいわいやる非常にいい大会。職場やランニングチームなどの団体参加が目立った。ブースやイベントも充実している。

 

そして何よりも暑い!毎年のことながら暑い!慣れている人はレジャーシートやテントの持ち込みは当然のことで、朝からの場所取りも熾烈。8時の時点では(スタートは10時)一番近い駐車場も残り数台、日陰の場所もわずかとなっていた。

 

コースはろまんちっく村の森の中を中心としたコースで、不整地、アップダウン、つづら折りなどバラエティに富んでいる。1周目こそ混雑するが、以降はバラけるので問題なし。ちなみに今年はスタートで前の方で転倒発生。最初だけダッシュする人、速くないのに前にいる人、危ない。森の中に関しては日陰になるので非常にありがたい(これがなかったらキツすぎる)。個人的にはすごく気持ち良く走れていいコース。

 

長すぎず、気軽に楽しめるので、毎年参加になりそうです。

フォトロゲイニング宇都宮(視察)

本日は宇都宮市で開催されたロゲイニングイベントを視察してきました。ロゲイニング…聞き慣れない。

簡単に説明すると、決められた時間内に地図を読み解きながらチェックポイントを周り、それぞれで写真を撮影する。多く撮影できたチームが勝ち!みたいな感じです。

moshicom.com

 

栃木県では初開催だそうで、主に餃子屋さんをチェックポイントになってました。制限時間は3時間。最大チェックポイント数は25ヵ所。全て回ると30キロ弱くらいになるそう。頑張ればいけそう…とか思いましたが、信号を守ったり、近くにいってもチェックポイントが見つからなかったりと、ロスがある中ではなかなか難しそうです。

 

スタート時間に一斉に地図が配られます。そこから3時間。すぐに出ていくチームや、その場で10分くらい作戦を立てるチーム。なるほど、これは普通のマラソンと違って面白いなと思いました。後は、子供も連れてくる人もいて、それもまた特殊だなぁーと。

余談ですが、今日は夏日。こんなに暑い中で、ほとんど初心者のような人もいて、大丈夫なのかなぁとも思ってみてました。

ただ、結果は意外。みんな思ったよりも楽しそうに長い距離を走ってくるのです。気づいたら20キロも走ってた、とか、1年分走ったという初心者まで(笑)。楽しく距離を走れるというイベントはなかなかないので、いいですね。

結果的に最高記録は21ヵ所だったようです。やはり近くにいっても肝心のポイントがわかりにくいなど、探す楽しみもあるよう。また、今回は回れた数で抽選会が実施されていました。5等のあめだとちょっと寂しい(笑)。

 

参加費3500円と高いイメージ。でも、楽しそうなのでもうひとひねり工夫があれば流行りそうだなぁーと思いました。

 

主催は「走ろうにっぽんプロジェクト」を実施しているアールビーズ。

runnippon.jp