走シンドローム

大会の出走記を中心にマラソン・ランニングの情報を独断と偏見によってまとめます。栃木県中心。※内容の正誤はご自身で確かめ、ご判断ください。

春日部大凧マラソン(10km出走)

5月4日、春日部大凧マラソンに出場してきました。

種目は10km。4月までの長距離シーズンから、7月のウェーブエンペラーカップに向けてスピードシーズンに移行していく第1戦目。

 

ゼッケン等は事前発送のため、当日は参加賞受け取り(レース後でも可)と抽選会だけです。

当日は車にて会場入り。スタート10時に対して7時半着で楽々駐車。会場からは10分くらい離れた龍Q館裏手の空き地でした。他にも駐車場があったようですが、事前の案内も当日の案内も乏しく、わかりにくい。おそらく、公共交通機関に流したいのでしょう。

 

余裕を持って着いたので参加賞を引き換え。なんだかイタリアンなTシャツだけど、許容範囲(笑)。Vネックは珍しいですね。貴重品だけロッカーに入れて、荷物は体育館に放置し、出走。

ちなみに、フィニッシュ地点ではテントやレジャーシートが黙認されているようなので、ここでミニテント張るのが一番楽しいだろうなと思いました。

※手荷物預かり500円、貴重品預かり何故か無料。そして場所が別。

トイレの混雑があったけど、会場内いたるところにトイレがあり、空いてるところと混んでるところとの差が顕著。

 

最長のハーフ、10km、5kmが一斉に10:04にスタートするという、珍しい大会。ちなみに04分というのは踏み切りにハーフの前半集団が引っかからないようにするためだそう。

予想タイム別の整列。一番前のブロックですごーくスムーズでした。後ろはどうだったんだろう。ネットタイム計測アリです。

 

スタートして細い路地を入り、1kmくらいで江戸川の堤防上に。とても広い道路で、走ってて気持ちよかったです。ハーフの人たちはここが後半戦で、とことん直線で辛かったとか。5kmまで堤防上で距離表示も1km毎にあり。堤防を降りて折り返し、いざ後半戦!

ここで気づいたのは向かい風がそこそこあること。堤防上で気持ちよかったのは追い風だったのもあるかもしれない。そして、何故か6km以降の距離看板がない!5kmまではあったのに!こういう時にGPSウォッチを持っていない僕は困ります。仕方なく向かい風で辛くなってくる中同じくらいのペースの人と走ります。

この後半が長い長い。最後スタート地点が見えてからの直線も長い。スタート地点を通過してからも地味に長い(笑)フィニッシュ会場に入ってからぐるっと1周してゴールです。

 

1 3'41

2 3'35

3 3'49

4 3'55

5 3'56(18'59)

10 (19'45)

F 38'44

 

走り終わった後は売店でカキ氷(300円)、焼きそば(200円)、フランクフルト(100円)をほうばる。安い!ブースも多くて楽しいです。やっぱりテント必要だったなぁ。

 

この時期の大会はなかなか貴重だし、単調ではあるけど走りやすいし、ピクニック気分で楽しいし。個人的には毎年出てもいいかなーという大会です!

 


f:id:kou90ers:20170519232212j:image

 

※書き忘れ。初夏の陽気で暑いです(笑)。