走シンドローム

栃木県のマラソン・陸上情報を個人の見解でまとめたり、自分が走った記録をまとめたりしてます。

栃木県のマラソン大会日程・エントリーまとめ

栃木県内のマラソン大会の日程・エントリー期間をまとめています。間違いや追加などご連絡ください(更新日:2019年8月17日)


<表示>
 ★ :情報未確定(昨年実績)
【ゆ】:定員締め切り、ゆずれ~る期間中
【済】:エントリー終了 ※いずれも定員に達し次第終了。
記載項目:開催日_大会名_エントリー期間

定期開催

◎毎月第2、第4土曜日 小山市土曜マラソン (当日受付のみ)
◎月1回開催予定 壬生月例マラソン

2020年

★1月14日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 8月9日~11月20日
★1月14日(日) 片岡地区コミュニティ新春マラソン大会
1月13日(月・祝) 下野市天平マラソン 8月6日~10月23日
★1月6日(日)市貝町健康マラソン大会
★1月1日(月・祝) 栃木市元旦マラソン ~11月24日 ※郵便振替エントリーのみ

2019年

★12月23日(日) くろばねマラソン 9月3日~10月25日 ※今年からWEBエントリー開始
12月15日(日) はが路ふれあいマラソン 8月3日~9月3日
12月8日(日) おやま思川マラソン 7月1日~9月20日
12月8日(日) さのマラソン 7月1日~9月16日
12月8日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月4日
★12月9日(日) トレラン益子 10月1日~
12月1日(日) 那須烏山マラソン 8月8日~10月14日
12月1日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月26日~9月27日
12月1日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月5日~9月30日(町在住枠は7/12~)

11月24日(日) NAISU RUN 2019 8月27日~10月4日【那須高原ハーフ後継大会】
11月23日(土・祝) 大田原マラソン 7月1日20時(県民枠は6月15日20時)~8月25日
11月17日(日) ゆりがねマラソン 7月26日~10月18日
11月17日(日) 宇都宮マラソン 7月19日~9月17日
【ゆ】11月10日(日) 日光国立公園マウンテンランニング 5月13日~8月31日
11月10日(日) 矢板たかはらマラソン 6月24日~9月13日
11月10日(日) とちぎハートランドマラソン 5月12日~9月15日 【新規大会!】
★11月11日(日) 赤羽有紀子ロード梨の里マラソン ~10月27日 ※窓口のみ
11月3日(日) 足利尊氏公マラソン 7月1日~9月6日
【済】11月3日(日・祝) 那須塩原ハーフマラソン 6月3日~8月16日

10月27日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日
10月20日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 ~10月3日
10月20日(日) 小砂トレラン 5月24日~9月20日
10月20日(日) 栃木30K 5月31日~9月16日
10月14日(月・祝) 茂木町ふれあいマラソン    7月1日~9月10日
10月14日(月・祝) さくら市マラソン    6月18日~8月19日
【済】10月6日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月6日

【×】9月30日(日) 城内坂ウルトラマラソン ←【開催なし】
9月29日(日) すまいる駅伝 ~8月26日
【済】9月21日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 5月14日~7月31日

【済】8月5日(日) 日光杉並木マラソン 5月15日(県民枠は8日)~6月3日

【済】7月27日(土)-28日(日) ZERO LIMITS NIGHT NIKKO 5月26日~7月5日

【済】6月15日(土)~16日(日) 第1回日光千人同心街道四十里ジャーニーラン(161.6km)←【新規大会!】 2月1日~

【済】5月19日(日) Takahara Adventures Festival 2019 2月13日~4月19日 ←【新規大会!】
【済】5月19日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村 2月20日~5月3日
【済】5月19日(日) 湯けむりマラソン全国大会 2月2日~3月20日 ←【開催時期変更!】
【済】5月12日(日) 鹿沼さつきマラソン 1月18日~2月28日

【済】4月14日(日) ミヤラン 12月25日~2月28日
【済】4月14日(日) おやま思川ざくらマラソン 12月4日~1月25日(市民枠は11月24日~12月3日)

【済】3月31日(日) 5時間リレーマラソン栃木大会in宇都宮清原球場 10月27日~2月15日
【済】3月31日(日) 栃木トラックチャレンジ 12月4日~3月8日 ※レイトエントリー~24日
【済】3月31日(日) 仙人ヶ岳トレイルランレース 12月1日~
【×】3月10日(日) 城内坂ロードレース 当日受付のみ ←【開催なし】
【済】3月3日(日) 岩舟駅伝

【済】2月17日(日) 田空マラソン
【済】2月3日(日) 大澤駅伝 12月3日~1月8日
【済】2月2日(土) ベジタブルマラソンinとちぎわんぱく公園 10月31日~1月13日

【済】1月14日(日) 片岡地区コミュニティ新春マラソン大会
【済】1月14日(月・祝) 天平マラソン 8月9日~10月24日
【済】1月13日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 9月7日~11月19日
【済】1月12日(土) 市貝町健康マラソン大会 ~12月15日 ※窓口持ち込みのみ
【済】1月1日(火) 栃木市元旦マラソン ~11月23日 ※郵便振替エントリーのみ

 

2018年

【済】12月23日(日) くろばねマラソン 9月3日~10月25日 ※今年からWEBエントリー開始

【済】12月16日(日) はが路ふれあいマラソン 8月4日~9月4日

【済】12月9日(日) おやま思川マラソン 8月1日~10月2日

【済】12月9日(日) さのマラソン 7月20日~10月8日

【済】12月9日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月5日

【済】12月9日(日) トレラン益子 10月1日~

【済】12月2日(日) 那須烏山マラソン 8月3日~10月15日

【済】12月2日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月27日~10月5日

【済】12月2日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月17日~10月11日

【済】11月25日(日) 那須高原ハーフ&ファミリーマラソン 6月1日20時~9月28日

【済】11月23日(祝) 大田原マラソン 6月3日20時(県民枠は6月1日20時)~8月19日

【済】11月18日(日) ゆりがねマラソン 8月30日~10月19日

【済】11月18日(日) 宇都宮マラソン 7月20日~9月18日

【済】11月11日(日) 日光国立公園マウンテンランニング 4月4日~10月1日

【済】11月11日(日) 矢板たかはらマラソン 6月25日~9月14日

【済】11月4日(日) 足利尊氏公マラソン 7月1日~9月7日

【済】11月11日(日) 赤羽有紀子ロード梨の里マラソン ~10月27日 ※窓口のみ

【済】11月3日(土) 那須塩原ハーフマラソン 6月18日~8月17日

【済】10月28日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日

【済】10月21日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 8月21日~10月5日

【済】10月21日(日) 小砂トレラン 6月1日~9月20日

【済】10月20日(土) 栃木30K 5月1日~9月17日 ※レイト~10月12日

【済】10月8日(月・祝) 茂木町ふれあいマラソン    7月1日~9月10日

【済】10月8日(月・祝) さくら市マラソン    6月18日~8月19日

【済】10月7日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月6日

【済】9月30日(日) 城内坂ウルトラマラソン 4月3日~7月31日

【済】9月30日(日) すまいる駅伝inみずほの自然の森公園 6月5日~8月20日

【済】9月22日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 5月16日~7月31日

【済】8月11日(土)-12日(日) ZERO LIMITS NIGHT NIKKO 6月1日~8月6日

【済】8月5日(日) 日光杉並木マラソン 5月15日(県民枠は8日)~6月5日

【澄】7月28日(土)-29日(日) OSJ ITAMURO 100 4月13日~6月25日

【済】6月17日(日) 日光100㎞ウルトラマラソン 12月21日~5月18日

【済】5月20日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村 1月26日~4月27日

【済】5月13日(日) 鹿沼さつきマラソン 1月19日~2月28日

【済】5月13日(日) 湯けむりマラソン全国大会 2月1日~3月30日

【済】4月21日(土)-22日(日) しおや100キロウォーク      1月9日~3月10日

【済】4月8日(日) ミヤラン 12月25日~3月5日

【済】4月8日(日) おやま思川ざくらマラソン 12月4日~1月12日

【済】3月25日(日) 仙人ヶ岳トレイルランレース 12月1日~2月28日

【済】3月21日(水・祝) 1st栃木トラックチャレンジ 11月10日~3月18日

【済】3月11日(日) 城内坂ロードレース 当日受付のみ

【済】3月11日(日) 全日本山岳スノーシューイング・レース in 日光 10月15日~2月18日

【済】3月4日(日) 岩舟駅伝 12月18日~1月22日

【済】2月4日(日) 田空マラソン 当日のみ

【済】2月4日(日) 大澤駅伝 12月4日~1月9日

【済】1月14日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 8月9日~11月20日

【済】1月14日(日) 片岡地区コミュニティ新春マラソン大会

【済】1月8日(月・祝) 下野市天平マラソン 9月12日~10月31日

【済】1月6日(日)市貝町健康マラソン大会

【済】1月1日(月・祝) 栃木市元旦マラソン ~11月24日 ※郵便振替エントリーのみ

 

2017年

【済】12月23日(土) くろばねマラソン 9月4日~10月13日 ※郵便振替エントリーのみ

【済】12月17日(日) はが路ふれあいマラソン 8月5日~9月5日

【済】12月10日(日) おやま思川マラソン 8月1日~10月2日

【済】12月10日(日) さのマラソン 7月22日~10月12日

【済】12月10日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月10日

【済】12月9日(土) トレラン益子 10月1日~

【済】12月3日(日) 那須烏山マラソン 8月31日~10月16日

【済】12月3日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月28日~10月6日

【済】12月3日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月18日~10月12日

【済】12月3日(日) 小砂トレラン 7月7日~11月12日

【済】11月26日(日) スマイルトレラン 9月18日~11月18日

【済】11月26日(日) 那須高原ハーフ&ファミリーマラソン 6月26日~10月9日

【済】11月23日(祝) 大田原マラソン 6月4日(県民枠は6月2日)~8月6日

【済】11月19日(日) ゆりがねマラソン 9月20日~10月25日

【済】11月19日(日) 宇都宮マラソン 7月20日~9月19日

【済】11月12日(日) Nikko National Park Mountain Running 8月1日~10月1日

【済】11月12日(日) 矢板たかはらマラソン 6月26日~9月15日

【済】11月5日(日) 足利尊氏公マラソン大会 7月1日~9月6日

【済】11月5日(日) 赤羽有紀子ロード梨の里マラソン

【済】11月3日(祝) 那須塩原ハーフマラソン 6月5日~8月25日

【済】10月29日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日

【済】10月28日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 6月1日~9月30日

【済】10月28日(土) orgabits run in 栃木市渡良瀬遊水地 6月15日~10月10日

【済】10月21日(土) 栃木30K 5月17日~10月16日

【済】10月15日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 8月3日~10月6日

【済】10月9日(祝) 茂木町ふれあいマラソン 7月11日~9月11日

【済】10月9日(祝) さくら市マラソン 6月19日~8月20日

【済】10月1日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月7日

【済】9月24日(日) 城内坂ウルトラマラソン 4月1日~7月31日

【済】9月24日(日) すまいる駅伝inみずほの自然の森公園 7月10日~8月18日

【済】8月20日(日) やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017 6月3日~7月23日

 

スパイクを履いたら遅くなった②

まず前談として。

結構内容濃い記録会だったので気合い入れて書いてたのですが、吹っ飛んだのでやる気なくして少しはしょってお伝えします。笑

 

富岡甘楽ナイター陸上。もみじ平公園というところで開催されていて1500は19時15分スタートとなります。ネット上にもあまり情報がなく、どのくらいの規模なのか、レベルなのか、全くわからず当日を迎えました。

仲間と2人で出場しましたが、他にも栃木の知り合い数名、高校生もそこそこ多く、数人単位の記録会ではないことだけはわかってよかったです。

 

スタートは19時15分(実際は10分押しくらいでスタート)だったので、着いたときには非常に暑かったですが、スタートする頃には日も沈んでかなり涼しくなってきました。競技場のタータンも綺麗で、コンディション的には非常に良かったと思います。


f:id:kou90ers:20190811115235j:image

 

今回はおそらく10年ぶりくらいにスパイクを履いて走るレースとなります。経緯は過去記事の通りですが、県選手権で1500にはまって、勢いでスパイクを買って、復帰2戦目がこの記録会でした。

 

県選手権は7年ぶりの1500でしたが4分37秒とそこそこで、今回はそれより速く、4分30秒にできるだけ近づけたいという目標でした。

ただし、賭けがひとつあってそれがスパイク。これも過去記事の通りですが、スパイクを履いて果たして速く走れるのかどうか不明でした。

 

そんなこんなでスタートします。4分30秒目標なので1周のイーブンペースは72秒。ただし落ちることを想定するとそれよりは速く入りたいというイメージでした。

とは言え久しぶりすぎるスパイクに不安もあり、落ち着いて後ろから入ることにしました。が、スタート後100mくらい走っていてわかったのですが、後ろの人たちが結構遅いペース。200mにいくくらいまでに結構な人数を抜かし、縦長ーい先頭集団の後ろにつける形になりました。今回時計はしてましたが暗くていちいち見えず。周囲と自分の感覚で走ってました。

1周目:72秒

時計見てなかったのですが、誰かの応援の人が周回のタイムを読み上げていたのでそれを聞いて「やべっ」と思いました。72じゃ遅すぎる。

その後も、自分は抜かれることなくできるだけリラックスして落とさないように走っていきました。2周目に入ると先頭は一気に離れて、第2集団もバラバラとなっていきました。その後ろから1人ずつ拾っていきます。

2周目:74秒

あくまで後からタイム見直してなので、走ってるときはこのタイムはわかってません。ただ、県選手権の時は2周でかなりきつくなってたのを覚えてますが、今回はそこまでキツくならず。さすがに1000m(2周半)を超えたらキツくなってきましたが、県選手権よりは楽だった気がします。

時計は見てませんでしたがフィニッシュにタイマーは置いてあったので、それを見てラスト1周、どのくらいで走ればどのくらいでゴールできるかは何となくわかります。正確なタイムは覚えてないですが、かなり厳しいなと思った記憶はあります。

3周目:77秒

ラスト1周になると、前にも後ろにも人がいなくなり、完全にひとり旅になってしまいました。そのまま上げきることもできずにフィニッシュ。

フィニッシュ:4分43秒(ラスト300:58秒)

 

まず、走る前の仮定「スパイクを履いたら遅くなるのか」は、確かに結果をみたら遅くなってるんですが、それはあくまで感覚的な話になってしまいますが、必ずしもスパイクを履いたから遅くなったわけではないと思っています。実際、低空飛行とは言えそこまでペース落ちすぎずに最後まで走れたし、練習のような脚が前に出なくなるという感覚もなかったです。

 

そして、遅くなった要因ですが、個人的には府に落ちています。

①1周目の72秒

県選手権では、1周目69秒で入って速いなとは思いつつ、2周目くらいできついなと思いつつ、ペースは落ちつつ、でもタイムは良かったです。今の僕は速いペースを1500通して維持できる力はないし、そもそも現役時代も維持するというより前半突っ込んでどのくらい耐えられるか、という走りでした。力があってもなくても、最初しっかり入らなきゃいけなかったです。

②流れに乗れなかったこと

これは運もありますが、県選手権ではラスト1周までずーっと同じ人についていって、キツくてもついていって、タイミングを見てスパートかけるレースでした。今回はひたすら単独走でした。なので、自分のペースでしか走ってないので、限界まで上げきれなかったと思っています。これも、1周目69秒とかで入っていたら自分のいる位置も変わっていたので違っていたかもしれません。

 

ということで、完全に不完全燃焼です(笑)。もちろん全力では走りましたが、タイムも内容も最悪。

とは言え、1500mに復帰して2戦でこれに気づけたというのは、ある意味最短でたどり着いたのかな?と。ポジティブに考えるとそう思えます。

 

結局スパイクで速くなったのかどうかはわかりませんでしたが、使いこなせば速くなることは間違いないと思うので、次回は今回の反省を活かして、練習も積んで、スパイクも慣れさせて、今度こそ4分30秒を目指したいと思います!

 

※次回レースは決まってませんが、10月のマスターズになるかもしれません。

 

 

 

スパイクを履いたら遅くなった

ここ最近、1500m走にはまっております。はまっていると言っても6月末に開催された「栃木県選手権」に出ただけですが。ただ、その1500mは学生以来7年ぶりの1500mで、それがすごく楽しくて、今シーズンはちょっとそっちに力を入れて練習をしています。

 

kou90ersrun.hatenablog.com

そして、1500mが楽しかったこと、その他のレースで友人がスパイクを履いていたこと(勧められたこと)、更にちょうど良いタイミングで臨時収入があったこともあり、なんとスパイクを買ってしまいました!

大学生の頃にはいていたスパイクは高校生の時に買ったやつだったと記憶していて(そもそも大学の時はそんなに1500mに力を入れてなかったので必要なかった)、なので、10年以上ぶりに陸上のスパイクを買ってしまったのです。
買ったスパイクはミズノの「ジオスプラッシュ」。おそらく「ジオクルーズ」の後継です。僕は学生のころジオクルーズを履いていたので、直系を買ったことになります。他のメーカーもあったのですが、スピードは出そうなものの軽すぎたり不安定だったりして使いこなせる気がしなかったのでこれにしました。ピンは7mmです。

 

スパイクなので当たり前ですが陸上競技場でしか使えず。買ってから少し時間が経ってからようやく履けました。その時は、練習というよりスパイクを履いたらどのくらい速く走れるのかと、すごくワクワクしていたのもあって、600mを全力で走ることにしました。
直近では1'38”がベストタイム。というか、社会人になってから600なんてやってなかったから、これが社会人ベストですね。

そんで、スパイクを履いたらどのくらい速くなるのか・・・と。シューズで1'38"だから、1'36”くらいが目標かなーと思っていました。200m32秒、1000mだと2'40”ペースですね。
結論はタイトルの通りなんですが、遅くなりました。笑

1秒遅くなりました。笑
もちろん、その日のコンディションというのもあると思っているんですが、その後も何回か履いた感触からすると、どうもコンディションではないな、という気がしています。
スパイクを履くと、地面を捉え、地面からの反発をダイレクトに受けて、スピードはグングン上がっていきます。走り始め最初は、このスピード感まさに無敵、とか思っていたのですが、150mくらいを過ぎたあたりで脚が前に出なくなる感覚になってきます。客観視していないので推測でしかないのですが、上半身だけどんどん前にいってしまって、後ろ脚の戻し~接地というサイクルが身体の後ろ側で起こっているような気がしています。なので、受けた力をうまく推進力に変えることができず、逆にブレーキになっているのではないかと。身体が完全にスピードについていっていないんです。
もちろん、ついていくような走りをしてもいいんですが、それってたぶん200mとか300mを走るのにもったとしても、1500mを走るのにもたない。ちょっとだけ後述しますが、そもそも1500mが速くなった先には、もっと長い長距離に活かしていきたいってのがあるので、200とか300が速くなることに特化するのは意味が違ってしまうんですよね。1500mまでが速くなればいいのであれば、それでもいいんですけどね。

 

別の日に300×5を2セットやりました。以下の通り時計を忘れるという失態を起こしたので、タイム比較ができなかったのですが、1セット目はスパイク、2セット目はシューズで走りました。

上記の通り、スピード出るけど維持できないスパイクと、スピードでないけど無難に走れるシューズという状態で、果たして今、1500mをどっちで走ったら速く走れるのかわからないという状態なのです。笑

 

実は今週末に、群馬県甘楽で開催されるナイター陸上の1500mに申し込んでいます。これにどっちで出ようか迷っています。本当はもう1回くらい、スパイクを履いて試す機会を作りたかったのですが、時間を取れず。最終的には現地で決めようと思っています。

今週末はともかく、ですが、10月に出ようと思っているマスターズ陸上では、1500mをスパイクで走った方が速いと言えるように練習を積んでいきたいと思っています。

 

 

p.s

先日、小山の土曜マラソン3kmに出場したら、10'14”でした。

確か冬場にも1回出て、その時も同じくらいのタイムでした。冬の時には3'20"ペースがきつくてきつくて。そのペースを保つのもいっぱいいっぱいで1500m手前くらいでズルズル落ちて10'14”くらいだったのですが、今回は3'20”ペースにわりと余裕があって、後半大きく落ちて10'14”になってしまいました。
ここ最近、1500m以下のスピードを中心とした練習をしていて長い距離はあんまり走っていなかったので、「3'20”ペースに余裕ができた」というのはその効果が十分に出ている(スピードに余裕がある)んだなと思いました。
いずれにしても1500mを走る上では、今のただ短い距離のスピードを上げるだけでは不十分なので、もう少し距離を(速いスピードで)重ねていけば、1500mが速くなることはもちろん、距離が長くなっても速く走れるんじゃないかと思っています。

今期は社会人生活初めての、ガッツリスピードからアプローチしていく方法で楽しんでいます。

 

 

3ヶ月ぶりの早朝練習会

今日は3ヶ月ぶりに「早朝練習会」に参加してきました。

早朝練習会というのは「平日の朝6時半から1時間くらいみんなでゆっくり走ろう」という内容で2017年2月に私が立ち上げた練習会です。宇都宮の中央公園をメインに、たまに八幡山公園で走ったりしていました。

趣旨としては
・平日朝(仕事の前)走るきっかけに
・ランニング仲間作り
・そもそもの走るきっかけに
・・・など。
基本的に土日祝は時間があるのでどこかで走れる人が多いと思いますが、平日は仕事の都合で走れない(走る習慣をつけにくい)という人も多いと思い、朝走る習慣づくりに、というのが立ち上げた一番メインの理由でした。
もちろん、僕自身も例外ではなく、むしろ自分のために開催していたような節もありました(笑)。

 

2017年2月に立ち上げ、基本的には毎週火曜日に実施。途中間が空いたりした時期もありましたが、約2年間実施し合計77回オフィシャルでは開催していました。
開催している中で、最初は見知らぬ人だらけだったのですが、段々と固定メンバーもでき始め、そのメンバー同士で練習会の場だけでなく情報交換や大会参加もするようになり、オープンなコミュニティとして定着しました。個人的には、これをクラブチームにしたいという意図も特になく、このオープンさ(いつ来てもいいし、来なくてもいい、常連も新参も、速い遅い関係なく)がこのコミュニティの良さだと思っていたので、この形で今年の4月まで継続をしていました。

 

4月で何故止めてしまったのか。

2019年4月、私の通う事業所が宇都宮駅の西から東に移転しました。西だと中央公園で練習会をして通勤、でも大きな不便はなかったのですが、私自身東側に住んでいるため、この練習会のために朝の時間に東⇒西⇒東(しかも渋滞する!)と移動するのは億劫で、今後どうしようか・・・と考え、一旦落ち着くまで保留、という話を常連メンバーにはしていました。
元々は中央公園ありきの練習会ではなく、私がほぼ個人的に始めたものだったので、東口のどっかで場所みつけてやろうと思っていたのですが、上記の通りでありがたいことに、思っている以上に「中央公園での」早朝練習会コミュニティが形になっていたことが逆に気がかりでした。家が中央公園に近いことで来れている人も多く、東にすることでコミュニティが分断してしまっては嫌だなという想いがあり、どうしようか迷っているうちにもうひとつ課題が出てきました。

詳細は別記事の通りですが、今1歳3ヶ月になる子どもがいます。こちらも、あくまでポジティブな理由として、朝の時間を毎週早朝練習会に費やすことが難しくなってきたと思っています。

 

kou90ersrun.hatenablog.com

そんなこんなで、何もしないまま4月から季節は梅雨を通り越して夏になりました。3ヶ月が経過したのですが、その間、私が集める必要もなく「早朝練習会」は継続されていたのです。コアメンバーはLINEグループで繋がっていて、私も有志で開催していることは把握していました。
3ヶ月も音沙汰なしにしてしまってすごく心苦しい気持ちがあったのですが、今日は仕事の都合と家庭に了解を得て久しぶりに「参加」してきました。3ヶ月前までは主催していたのに「参加」する立場になるのは不思議な感覚です。

僕の変な不安など関係なく、快く受け入れていただき、久しぶりに朝の時間をゆっくり楽しく過ごすことができました。

そして、今後も私自身は生活の都合上定期的に「参加」はできないのですが、有志メンバーからは「ぜひ今後もオフィシャルとして開催して欲しい」と。「運営は毎週誰かがやるから」と。めちゃくちゃありがたい言葉をいただきました。

と、いうことで、早朝練習会がオフィシャルで復活します!

moshicom.com

ぜひぜひ、気軽に参加していただけたらと思います。

 

 

開催し始めた当初は何となくやってみようという気持ちだったのですが、知らない人同士が週1回、毎週顔を合わせ続けることでコミュニティとなり、楽しみとなり、僕がいなくても「ランニング」があることで繋がっていられる場所となったのは本当にうれしいし、僕がこの業界に入った目的に一番近い事業になったと思っています。

今後もどういうことができるかわかりませんが、こういう視点や気持ちを大切にしていきたいと思います。

そして今後も、早朝練習会に不定期ですが「参加」していきたいと思います。

 

p.s....

開催して1年くらいが経った頃に考えていたことは、このコミュニティを県内のいろんなところで派生させられないか・・・ということでした。ただ、この記事に書いた「オープンで自発的な」コミュニティをゼロから生み出すというのはかなり難しいことだと思うし、変にその土地の誰かに託してしまうと強制感が強くなってしまうのではないか?とも思って、なかなか踏み出せないでいました(今もそうです)。
なので、変に焦ることはせずに今後もやっていきたいと思います。
もし、宇都宮ではなく興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください!!

一歳児パパランナーの生活

6月頭に奥武蔵ウルトラマラソンを走り、6月末に栃木県選手権で7年ぶりに1500mを走り、今はもっぱらスピードにハマっております。次は8月10日の甘楽ナイター陸上で1500m、まだ出れるか未定ですが10月の栃木県マスターズ1500mを目標にしたいと思っています。
とりあえず今期は学生以来の陸上競技場でのレースを楽しみつつスピードを上げていきたい、というイメージなのですが、実は全く練習ができていません。

 

とりあえず言い訳を並べます。
昨年4月に子供が生まれ、今年1歳になりました(今、1歳3ヶ月)。そして保育園に行き始めたのと同時に、妻が復職しました。
そのため(そうじゃなくても、なんですが)、子供の面倒を見る、というのが最優先になってきます。

 

●平日

僕は遅くて8時30分、早いときは限りなく早く家を出るという日によってわりと違う仕事なんですが、妻が子供を8時30分ごろに保育園に連れていきます。そのため、7時くらいにご飯を食べさせ始め、着替えとかもできる限りは手伝います。
帰りは18時~20時。これも不規則ですが、20時くらいまでに子供を風呂に入れるという使命があります。

 

●土日祝

基本的には平日と同じ流れですが、保育園がないので終日子供の面倒を見る必要があります。
ちなみに僕、土日にも仕事があることが結構あり、その上月に1回くらいはレースに出たいので、土日家を空けることが多くなってしまいます。妻も実家が近いわけではなく、正直めちゃくちゃ大変だと思うので、土日休みの時くらいは面倒を見なきゃなと思っています。
…とはいえ、土日休みでレースもない時は、片方の午前くらいは走らせてもらってます。

 

●平日休み

ということで土日仕事なので、平日休みってことがあります。その時は午前いっぱい走り、午後は自分のことやって、夕方保育園に迎えに行く、という流れになります。
この平日休みの時が一番計算して走れるのですが、この前午前中早い段階で保育園から発熱のお呼びだしがかかったので、油断はできません。笑

 

話を本題に戻します。今の僕の練習は、

①平日仕事の都合がつく時に通勤or帰宅ラン(4~6km)
②土日のどちらか1時間くらいで練習
③平日休みに時間をとってポイント練習
④もしくは、レース

という感じです。当たり前ですが、大半を占めるのが①平日になるので、超重要なのですが、都合がついてもこのくらいの距離しか走れないし、都合がつかない時は週に1回もないってこともあります。
こんな言い訳で、「実は全く練習ができていません。」笑
※それでもスピードは伸びてきてるのですが、別で書こうと思います。

 

世の中の、あるいは知り合いのパパさんランナーの話を聞くと、その中でもやっぱり工夫をして両立してるようです。というか、パパさんランナーじゃなくても、仕事しててちゃんと練習積めてる人って、意思強くやってるんだと思います。ほんとすごい。

 

そんで、結論を言うと「朝走れ」ってことになります。これは平日も、予定のある休日も。
子供の面倒を見なくてもよくなる時間は朝子供が起きる前か、お風呂入れて寝た後。お風呂入れた後に走るのって現実的じゃないので、「朝子供が起きる前」ですね。
子供が6時30分ごろ起きる(起こす)とすると、それまでに走って場合によってはシャワーを浴びて着替えを終える…5時起き、5時半までに走り始めて6時20分には帰ってくる、という感じでしょうか?

 

朝起きるのが苦手になってしまった(昔は得意だった)今となってはかなりハードル高いんですが、走る生活を安定させるにはこれが一番のような気がしています。
もちろん、無理やり合間に走ったり夜走るとかもできる気はしますが、走らないことに対する気持ち悪さと付き合うくらいなら、朝イチ走っちゃった方が毎日気持ちよく過ごせそうです。

 

…なーんてことを5月後半くらいからわかってはいたものの、相変わらず意思の弱い僕は実行に移せず。移せる日が来るのかはわかりませんが、改めてこうやって書いてみることで少しでも気持ちを高めたいと思っています。笑

 

p.s.

ちなみに、子供の面倒を見なきゃいけないから走れない、っていうこと自体にはそこまでストレスはたまっていません。走れないこと単体に対するストレスはありますが、子供のこの時期の成長・表情を見れるのはすごくうれしいです。あっという間に成長しちゃうってのは、たくさんの先輩方に聞いているので、面倒を見なきゃいけない時期に、逆にかまってもらってるくらいの気持ちで子育て楽しみたいと思っています。
とは言え、仕事も走ることも他趣味も、ある程度自由にさせてくれてる妻にはほんと感謝してます。

 

ラッキーセブンディスタンスに出場してきた

先週の栃木県選手権大会(1500m)に引き続きのトラックレース、「ラッキーセブンディスタンス」に出場してきました。

lucky-seven-distance.jimdofree.com

この大会は77.7m、777m、7770mの3種目があり、7月7日に初回である今回が開催される、というものでした。どの種目に出たかと言うと…全部です(笑)。3種目全てにエントリーすると、それぞれのタイムに応じた点数が合計され、総合ポイントで競うことができます。
それぞれの種目自体はちょうどいい距離じゃなく2度と走らないであろう距離なので、単体で見たらかなり微妙と思っていますが、3種目合計っていう企画に惹かれて出場したような気がします。77なんて正直全く走れないだろうし、3種目楽しく走る練習みたいなイメージでした。
今回、友達4人と出場した中で3人が3種目エントリー。年代別で分かれているので3人が全種目で同じ組になりました。

 

場所は千葉県印西市。場所もよくわからずエントリーしたのですが、自宅(宇都宮)から下道で2時間半前後で到着。
栃木県は1日曇りだったようですが、千葉県印西市は1日ほとんど雨でした。強風のおまけつき。雨男をいかんなく発揮しました(笑)。

777m

競技場に到着して受付をしようと思ったのですが、長蛇の列。この時点で嫌な予感はしていたのですが、それは的中しました。
777m最初の組がスタートする予定時間が9時40分でしたが、受付が落ち着いて開会式が始まったのが9時半ごろ。遅れているのに予定通り盛りだくさんの開会式で、終わったのが9時45分ごろ。スタートは結局10時すぎでした。
僕たちの組は7組目だったので、前の組の様子を見ながらアップができたので良かったです。
組が進むごとに強くなる雨。ここでもうひとうの不安が出てきました。アップしていて気づいたのですが、ここの競技場、路面がめちゃくちゃ古くてつるっつるだったのです。おそらくずっと手入れをしていないからだと思いますが、それでも雨でなければなんとかなったかもしれません。雨によって尋常じゃなく滑るようになってました。

 

いよいよ7組目。周りを見渡すと、半分くらいスパイクを履いていました。そりゃ、普通このくらいの距離ならスパイクだよな…と思いつつも僕はいつものアディゼロタクミレン。一緒に出た友達は内側に2人でした。最初の77mはセパレートレーン*1だったので、2人は後ろからです。

雨が強くなる中、スタート!と、同時にツルッと滑る(笑)。スピードが出るので、思ってる以上に滑る滑る。77m終わってオープンレーンになるあたりでは、スパイク組ともうかなりの差が開いていました。…と同時に、内側から友達2人が上がってきません。内1人Yくんは、僕よりも圧倒的に速いやつなので、僕より前に行く想定だったのですが、あとで聞いたら同じように滑ってました(笑)。
つるつるに滑る中でスピードを出さなければいけないので、走り方が全く変わってきます。まず、蹴れない。接地も脚を上から垂直に置きにいく感覚。その中で速く走るので、変な筋肉を使ってる感じがします。なんだかよくわからないまま、前も後ろも離れてる中で1周目終わり。きついんだけど、きついのかよくわからないという、不思議なレース。結局そんな感覚のままラスト100を迎えますが、後ろからひたひたと足音が聞こえていました。なんとなくわかっていましたがYくんです。ここまで上がってこないのが不思議なくらいでしたが、ラスト100ですーっと抜かれて組5位、2分14秒でフィニッシュ。Yくんとは0.2秒差。

f:id:kou90ers:20190709084706p:plain

0.2秒差ってこのくらい

タイム的には1000m3分ペースを切るくらい。悪くはないけど、このくらいの距離のレースを全くやっていなかったし、雨のツルツルもあり、どう評価していいかわからないレースでした。でも、疲れたことは確か。笑

777mのオチ。今大会、77.7mと777mは予選と決勝があり、予選全ての組を総合してタイム上位7人が決勝に進めるというレギュレーションでした。777mは、前述のYくんが決勝に進み、わずか0.2秒足りずで僕は決勝に進めませんでした。
ただ、ギリギリ7位で決勝に進むほど恐ろしいものはないと思ってホッとしていたのですが、決勝ではYくんが2分3秒とかで第2位になったのです!Yくんは予選で履かなかったスパイクを決勝では履いて、なんとタイムを10秒も伸ばしてきました。純粋に力の差はあるので、僕が決勝でスパイクを履いてもそんなに速く走れはしないと思いますが、多少はタイムは上がるのかなーと思ったり。あとは、表彰が7位までなので、決勝に進めば完走すれば表彰。ちょっとだけ悔しかったです(でも、2位になれるYくんが決勝に行かない方がまずいとは思いますが。笑)

 

77mと7770m

77.7mが始まるまでも、というか大会通して運営的にはグダグダだったのですが、全て書いているときりがないので以下略ということで。
77.7mこそ、ただのお遊びというか、運動会みたいな感覚でした。スタートブロックなんて使ったの中学生以来だし、100mですら遅いのに77mなんてちゃんとダッシュできるのか不安でした。
不安は適中。スタートと同時に周りは遥か前。やっぱりこれだけ短い距離になるとスタートダッシュは肝心なのですね。全然ダメだった。。。そのまま慌てて終始バタバタと走り続けて、タイムは10秒7くらい。いやいや、遅すぎる(笑)。なんだかダッシュしてるんだかしてないんだかわからないまま終わってしまいました。

 

その後、2時間ほど空けて7770mとなります。7月とは思えないほど気温が上がらず、雨もそうですが風も強い。そんな中スタートしました。
結果から言うと最悪なレースの出来でした。

タイム:30分12秒(①2'46”※770m-②3'43”-③3'47"-④3'58"-⑤4'02"-⑥4'06"-⑦4'03"-⑧3'43")

タイム見ていただければわかるように、中盤に落ちることを食い止められずグダグダな走りになってしまいました。
最初の入りは非常に感覚も良かったし身体も動いていたような気がしました。ただ、これっておそらく777とか77を走ったスピード感が身体に残っていただけだったんじゃないかなと思っています。いいスピード感だけで最初何となく走っていたら、2000mを過ぎて早くもへたる、という状態になってしまいました。
中盤へたったことは、一応心当たりはあって、①最近きっちり時間をとってジョグができていないということです。スピードは入れているので1000m前後の距離は速くなってきているんですが、それを維持する力は弱くなっていると思います。
それでも落ちすぎでしょ、というのは、②もちろん777とかを走った疲労とかもあるとは思いますが、もうひとつ。③メンタル。何度もブログやツイッターで書いている通り、僕は豆腐メンタルなのでキツイとか長いとか嫌いなんですよね(笑)。学生の頃からそうだったんですが、トラックよりロードの方がタイムが速いんです。おそらくトラックで400mをぐるぐる走っていることにつらさが耐えられないんだと思います。完全に推測ですが、今回の7770mもトラックじゃなくてロードであればもう少しタイムが良かったんじゃないかなと思っています。

そんなこんなでつらいなー、と思いながら走っていたのですが、ラスト1000だけはなんとか上げて(上がる時点で中盤サボってるんですよね。笑)、この結果でした。

 

まとめ

何度も記載している通り、運営がグダグダだったことにより当日の総合順位等は出ませんでした。今もまだ結果が出ていないので、結果が出たら追記しようと思います。

 

自分自身の走りも、全部中途半端になってしまった感はありますが、先週出場した県選手権がトラック復帰レースだということも考えるとまだまだこれから。今回は楽しく仲間と練習会、くらいに考えれば良いかもしれないです。

 

次回のレース予定は、実はまだ決めていないのですが、トラックに出たいです。あと、スパイクも欲しいです(笑)。

 

kou90ersrun.hatenablog.com

 

*1:100mとか、400m走みたいに、自分のレーンを走ること。基本的に800mは最初の100mがセパレートで、100mを過ぎたところでオープンレーン(5000mみたいに誰がどこを走ってもいい)になる。今回は800m方式。

7年ぶりの県選手権、1500m

今日は栃木県陸上競技選手権大会の1500mに出場してきました。
経緯は以前の記事参照。

kou90ersrun.hatenablog.com

雨は降ってないものの、湿度90%以上という異常に蒸しているコンディション。競技場に着くとすでに最初の種目、4×100mリレーの予選が始まっていました。
この大会は金~日曜日に開催され、今日はその初日の金曜日だったこともあり、やはり人出は少なめ。とは言え、高校生は勢ぞろいしています。
基本的には高校生以上で陸連登録をしていれば出場できる大会。とは言え、大半が高校生で、1割くらい大学生?そして社会人は圧倒的に少ない大会です。他の県であれば、いわゆる実業団もここに出場する対象になってくるのですが、栃木県はそれにあたる大きなチームもあんまりありません。

僕は、中学から大学まで県内で陸上をしていたので、高校~大学までの7年間、毎年この県選手権に出場していました。中でも高校の時にはここに懸ける想いは非常に高かったです。というのも、いわゆる強豪校だとか、大学に陸上で進むような選手以外の大半は、この県選手権が引退レースになるからです。
5月にインターハイ予選。6月に県選手権(僕が学生の頃は5月末くらいだった気がする)。これで上(関東)に上がれないと、引退をして受験勉強にシフトする、というイメージでした。特に、僕の母校は進学校だったということもあり、よりその意識が強かった気がします。

高校生当時の僕のメイン種目は1500mでした。結局関東にも行けないレベルで終わってしまいましたが、僕は高校生活のほとんどを陸上で過ごしていた(部活が厳しかったというわけではなく、好きでそうしていた)ので、繰り返しになりますが、この県選手権、そして1500mに懸ける気持ちは非常に強かったです。記憶が新しいはずの大学時代よりも、高校の、特に最後の県選手権の記憶や情景は今でも頭に浮かんできます。もう11年も前なんですけどね・・・

そんな思い入れのある県選手権と1500m、大学以来なので7年ぶりでした。陸上競技場に1人の選手として帰ってくると、あの頃を思い出すしロードでは全くもって味わえない独特の緊張感が漂い、わくわくが止まりませんでした。

アップをしていても何だかふわふわしている気持ち。前述の通り蒸し暑く、汗が尋常ではなく出るのですが、脚のコンディションは悪くなさそうでした。
陸上競技独特の「召集」を受けます。腰ゼッケンを受け取り、スタート位置に向かいます。学生の頃はスパイクで走っていましたが、もちろん今そんなの持ってないし、持っていたとしてもそんなのに耐えられる脚でもないので、いつものレースシューズ、「アディゼロタクミ練」です。

僕は5組目。スタート地点に来た頃には、すでに2組目も終わりに近づいている頃でした。今回の栃木県選手権の男子1500mは、予選が7組あってその中でタイムの上位20名が決勝に出れる、というレギュレーションでした。
こういった「完全にタイム」で決勝進出者が決まる場合は、特定の組にある程度速いタイムのメンバーが集まる仕組みになることが多いです。今回は1組と2組に速いメンバーが集まり、3組以下7組まで申告タイムで速い順に組分けがされていました。
僕の申告タイムは4'30"00。本来は直近の自己ベスト等を書くんですが、直近が7年前なので目標タイムを書いて出しました。僕の入った組は4'25"~4’35”くらいの選手が集まる組でした。
これで失敗したな、と思ったのですが、僕は目標タイム4'30”にしていたんですが、それは本当にめちゃくちゃうまくいった時の目標であって、正直全くもってちゃんと練習が出来ていないのでそれこそ4'50"かかるのか、4'30そこそこでいけるのかも未知数だったんです。
こういうちゃんとした(?)大会は、申告タイムどおりくらいで走る選手が多く、僕の実力からするともう1つ後ろの6組目(ここが4'30後半~4'40秒台くらいだった)の方が合っていたなぁ・・・と、前の組が走っているのを見ながら思っていました。

そんなこんなであっという間に5組目。自分の出番が回ってきます。僕の組は21人高校生、2人大学生、社会人は僕1人。1人だけ浮いてる感がすごいですが、不思議と気にならなかったのは自分の気持ちがこの場によってすごく高揚していたからだと思います。
とりあえず、1周72”(=1km3分、1500m4'30")を目安に出来るだけ落ちないような走りにしようと思っていました。

スタートラインに並び、思ったより緊張してない自分。高校生の時に比べて背負うものがないからかもしれません(笑)。スタートと同時に飛び出していた高校時代に比べ、今回は至って冷静に、一番後ろから走ります。1500って格闘技って言われることも多いんですが、スタート直後位置取りを良くしようと思うとすごく押しあいになるんです。高校・大学のころはそんなことばっかりだったので、一番後ろってこんな広くて自由なんだー、という不思議なリラックス状態でした。

一番後ろ、とは言えいきなり1人で離れてしまってもつらくなるだけなので、一番後ろにくっついて走ります。集団は縦長ですが、途中で切れることなく一団で進みます。僕も、そこまで無理なく走っているような感覚ではあったのですが、1周目の通過を見てびっくり。

1周目(400m):69秒

一番後ろでこのタイムでした。もちろん1500mなのでこれでも遅いくらいなのですが、やっぱり入る組を間違えたなと思いました。
2周目に入ると僕が最後尾でその前に2人選手がいて、その前の差が開き始めました。つまり、24人のレースの中で3人後ろが離れたような感じです。余裕があれば2人をかわして前につくべきですが、1周目69というタイムもあり、このままついていこうと思っていました。
ただ、600mを過ぎたくらいで、早くもきついなーという感覚になってきました。そりゃ400m69秒なんてスピードで走ってそれを維持する練習なんてしてないもん(笑)。700mを過ぎると残り2周です。ここら辺で、もう離れちゃいたい、という気持ちも強くなってきたし、まだ半分以上あるの?、という感じでしたが、ここで離れたら本当に1人ぽつんとおっさんが後ろで走ってる形になってしまうので、なんとか着いていくことを意識しました。

2周目(800m):74秒(2分23秒)

ペースは落ちていたんですが、すでに余裕がなかったので上げなきゃとか落ちてるとか考えることができてませんでした。というか、タイム見てなかったな、余裕なくて。
とにかくついていく、それだけでした。もちろん前の2人のペースが落ちていることもあったと思いますが、不思議と、全く動かないとか、止めどなく落ちてしまう、ということにはなりませんでした。これって長い距離やってるから身についたものなのかな?高校生の時にはこういう感覚ってなかったので。

タイムは取れてませんでしたが、おそらく1000mは3分ちょいくらいでは通過。ラスト1周を迎えるあたりで気づいたことがありました。僕の目の前の2人のその更に先にいる2人が近くなってきている・・・?
この感覚は正しくて、あと、ここまで僕が着いてこれているということは目の前の2人も上げる余裕はないんだろうな、ということも何となく頭に浮かんだので、ラスト1周で初めて最後尾から前に出ることにしました。2人をかわして、更に少し先の2人を追います。

3周目(1200m):77秒(3分40秒)

あんまり覚えていないんですが、少しずつ縮まる距離になんとしてでも追いつこうという気持ちが強くて、ラスト100mの直線で追いつくことができました。呼吸もキツイですが中距離特有の手足が痺れる感覚。でも、追いつくだけではだめだと思い、一気に抜き、そのまま何とかゆるめずにフィニッシュすることができました。

フィニッシュ:57秒(4分37秒59)
第5組で20位(24人中)

 

タイム的にどうか、と言われたら、まぁ良かったのかなーという感覚でした。目標4'30”とか言ってたんですが、正直今の練習の内容からしたらかなり難しいと思っていたし、4'40”切れただけでも上出来かな、と。
レースも、高校生の頃のようなぶっこんで粘るだけ粘る、というレースではなく淡々と走るというレース展開で、同じ県選手権の1500mを走っているのに全く違う舞台を走っているような気がしていました。もちろんキツイはキツイんですが、あの頃に比べて余裕があったような気がします。

もちろんあの頃の熱い感覚を超えることはないんだと思っているんですが、陸上競技大会特有の緊張感とか、1500mというレースとか、やっぱり大好きだなーと思うことができました。マラソン大会とはやっぱり全く違いますね。県選手権だから、というのもあるかもしれません。

 

ということで、謎の自分ルールにしている「年1のウルトラ」を今年はクリアしてしまっているので、秋口のマスターズ陸上1500mを目標にしていきたいな、と思っています!今年はスピードやるぞ!!
今のコンディションで4'37"なので、もうちょっと上を目指せる気がします。ちゃんと継続できたら、来年またリベンジしたいな・・・