走シンドローム

栃木県のマラソン・陸上情報を個人の見解でまとめたり、自分が走った記録をまとめたりしてます。

栃木県のマラソン大会日程・エントリーまとめ

栃木県内のマラソン大会の日程・エントリー期間をまとめています。間違いや追加などご連絡ください(更新日:2019年4月23日)。


 ★ :情報未確定(昨年実績)
【済】:エントリー終了 ※いずれも定員に達し次第終了。

 

◎毎月第2、第4土曜日 小山市土曜マラソン ※当日受付のみ

【開催日 大会名 エントリー期間】

2019年

★8月11日(土)-12日(日) ZERO LIMITS NIGHT NIKKO 6月1日~8月6日

8月5日(日) 日光杉並木マラソン 5月15日(県民枠は8日)~6月3日

★7月28日(土)-29日(日) OSJ ITAMURO 100 4月13日~6月25日

6月15日(土)~16日(日) 第1回日光千人同心街道四十里ジャーニーラン(161.6km)←【新規大会!】 2月1日~

【済】5月19日(日) Takahara Adventures Festival 2019 2月13日~4月19日 ←【新規大会!】

5月19日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村 2月20日~5月3日

【済】5月19日(日) 湯けむりマラソン全国大会 2月2日~3月20日 ←【開催時期変更!】

【済】5月12日(日) 鹿沼さつきマラソン 1月18日~2月28日

【済】4月14日(日) ミヤラン 12月25日~2月28日

【済】4月14日(日) おやま思川ざくらマラソン 12月4日~1月25日(市民枠は11月24日~12月3日)

【済】3月31日(日) 5時間リレーマラソン栃木大会in宇都宮清原球場 10月27日~2月15日

【済】3月31日(日) 栃木トラックチャレンジ 12月4日~3月8日 ※レイトエントリー~24日

【済】3月31日(日) 仙人ヶ岳トレイルランレース 12月1日~

【×】3月10日(日) 城内坂ロードレース 当日受付のみ ←【開催中止】

【済】3月3日(日) 岩舟駅伝

【済】2月17日(日) 田空マラソン

【済】2月3日(日) 大澤駅伝 12月3日~1月8日

【済】2月2日(土) ベジタブルマラソンinとちぎわんぱく公園 10月31日~1月13日

【済】1月14日(日) 片岡地区コミュニティ新春マラソン大会

【済】1月14日(月・祝) 天平マラソン 8月9日~10月24日

【済】1月13日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 9月7日~11月19日

【済】1月12日(土) 市貝町健康マラソン大会 ~12月15日 ※窓口持ち込みのみ

【済】1月1日(火) 栃木市元旦マラソン ~11月23日 ※郵便振替エントリーのみ

 

▼2018年

【済】12月23日(日) くろばねマラソン 9月3日~10月25日 ※今年からWEBエントリー開始

【済】12月16日(日) はが路ふれあいマラソン 8月4日~9月4日

【済】12月9日(日) おやま思川マラソン 8月1日~10月2日

【済】12月9日(日) さのマラソン 7月20日~10月8日

【済】12月9日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月5日

【済】12月9日(日) トレラン益子 10月1日~

【済】12月2日(日) 那須烏山マラソン 8月3日~10月15日

【済】12月2日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月27日~10月5日

【済】12月2日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月17日~10月11日

【済】11月25日(日) 那須高原ハーフ&ファミリーマラソン 6月1日20時~9月28日

【済】11月23日(祝) 大田原マラソン 6月3日20時(県民枠は6月1日20時)~8月19日

【済】11月18日(日) ゆりがねマラソン 8月30日~10月19日

【済】11月18日(日) 宇都宮マラソン 7月20日~9月18日

【済】11月11日(日) 日光国立公園マウンテンランニング 4月4日~10月1日

【済】11月11日(日) 矢板たかはらマラソン 6月25日~9月14日

【済】11月4日(日) 足利尊氏公マラソン 7月1日~9月7日

【済】11月11日(日) 赤羽有紀子ロード梨の里マラソン ~10月27日 ※窓口のみ

【済】11月3日(土) 那須塩原ハーフマラソン 6月18日~8月17日

【済】10月28日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日

【済】10月21日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 8月21日~10月5日

【済】10月21日(日) 小砂トレラン 6月1日~9月20日

【済】10月20日(土) 栃木30K 5月1日~9月17日 ※レイト~10月12日

【済】10月8日(月・祝) 茂木町ふれあいマラソン    7月1日~9月10日

【済】10月8日(月・祝) さくら市マラソン    6月18日~8月19日

【済】10月7日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月6日

【済】9月30日(日) 城内坂ウルトラマラソン 4月3日~7月31日

【済】9月30日(日) すまいる駅伝inみずほの自然の森公園 6月5日~8月20日

【済】9月22日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 5月16日~7月31日

【済】8月11日(土)-12日(日) ZERO LIMITS NIGHT NIKKO 6月1日~8月6日

【済】8月5日(日) 日光杉並木マラソン 5月15日(県民枠は8日)~6月5日

【澄】7月28日(土)-29日(日) OSJ ITAMURO 100 4月13日~6月25日

【済】6月17日(日) 日光100㎞ウルトラマラソン 12月21日~5月18日

【済】5月20日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村 1月26日~4月27日

【済】5月13日(日) 鹿沼さつきマラソン 1月19日~2月28日

【済】5月13日(日) 湯けむりマラソン全国大会 2月1日~3月30日

【済】4月21日(土)-22日(日) しおや100キロウォーク      1月9日~3月10日

【済】4月8日(日) ミヤラン 12月25日~3月5日

【済】4月8日(日) おやま思川ざくらマラソン 12月4日~1月12日

【済】3月25日(日) 仙人ヶ岳トレイルランレース 12月1日~2月28日

【済】3月21日(水・祝) 1st栃木トラックチャレンジ 11月10日~3月18日

【済】3月11日(日) 城内坂ロードレース 当日受付のみ

【済】3月11日(日) 全日本山岳スノーシューイング・レース in 日光 10月15日~2月18日

【済】3月4日(日) 岩舟駅伝 12月18日~1月22日

【済】2月4日(日) 田空マラソン 当日のみ

【済】2月4日(日) 大澤駅伝 12月4日~1月9日

【済】1月14日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 8月9日~11月20日

【済】1月14日(日) 片岡地区コミュニティ新春マラソン大会

【済】1月8日(月・祝) 下野市天平マラソン 9月12日~10月31日

【済】1月6日(日)市貝町健康マラソン大会

【済】1月1日(月・祝) 栃木市元旦マラソン ~11月24日 ※郵便振替エントリーのみ

 

▼2017年

【済】12月23日(土) くろばねマラソン 9月4日~10月13日 ※郵便振替エントリーのみ

【済】12月17日(日) はが路ふれあいマラソン 8月5日~9月5日

【済】12月10日(日) おやま思川マラソン 8月1日~10月2日

【済】12月10日(日) さのマラソン 7月22日~10月12日

【済】12月10日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月10日

【済】12月9日(土) トレラン益子 10月1日~

【済】12月3日(日) 那須烏山マラソン 8月31日~10月16日

【済】12月3日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月28日~10月6日

【済】12月3日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月18日~10月12日

【済】12月3日(日) 小砂トレラン 7月7日~11月12日

【済】11月26日(日) スマイルトレラン 9月18日~11月18日

【済】11月26日(日) 那須高原ハーフ&ファミリーマラソン 6月26日~10月9日

【済】11月23日(祝) 大田原マラソン 6月4日(県民枠は6月2日)~8月6日

【済】11月19日(日) ゆりがねマラソン 9月20日~10月25日

【済】11月19日(日) 宇都宮マラソン 7月20日~9月19日

【済】11月12日(日) Nikko National Park Mountain Running 8月1日~10月1日

【済】11月12日(日) 矢板たかはらマラソン 6月26日~9月15日

【済】11月5日(日) 足利尊氏公マラソン大会 7月1日~9月6日

【済】11月5日(日) 赤羽有紀子ロード梨の里マラソン

【済】11月3日(祝) 那須塩原ハーフマラソン 6月5日~8月25日

【済】10月29日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日

【済】10月28日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 6月1日~9月30日

【済】10月28日(土) orgabits run in 栃木市渡良瀬遊水地 6月15日~10月10日

【済】10月21日(土) 栃木30K 5月17日~10月16日

【済】10月15日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 8月3日~10月6日

【済】10月9日(祝) 茂木町ふれあいマラソン 7月11日~9月11日

【済】10月9日(祝) さくら市マラソン 6月19日~8月20日

【済】10月1日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月7日

【済】9月24日(日) 城内坂ウルトラマラソン 4月1日~7月31日

【済】9月24日(日) すまいる駅伝inみずほの自然の森公園 7月10日~8月18日

【済】8月20日(日) やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017 6月3日~7月23日

 

戸祭山緑地~宇都宮中心地に隠れた自然~

最近お気に入りの戸祭山緑地について。

 

www.green-trust.jp

場所は名前の通り、宇都宮市戸祭。八幡山公園の北側に位置します。いわゆる街の中心地(宇都宮駅や県庁など)からすぐ近くの場所です。僕が気に入っているのは、こんなに街に近い場所にあるのに、自然豊かなところだからです。

少し脚を伸ばせば、例えば森林公園などもっと広いところはあると思いますが、あくまで中心地にひっそりと存在しているというのが、個人的にはおススメポイントです。

 

場所的には、八幡山公園の北側:競輪場通りに抜ける道路の交差点をそのまま北に向かい(だいだいはこれを左右どちらかの競輪場通りに乗ってしまうと思います)、左沿いに数百メートル走らせると、駐車場とトイレなどがある場所に出ます。

駐車場は10台くらいしかないので、混んでいたら停められない可能性もありますね。その際は途中を右に折れると競輪場の無料駐車場が広~くあるので、ここに停めて走ってきてもいいかも。

 

先に補足しておくと、ここの緑地内は基本的にトレイルか階段などです。道も狭いところなどがあり、もちろん散歩する方もいます。そのため、空いている時はいいですが、基本的にびゅんびゅん飛ばして走るというよりはゆっくり楽しく走る程度の場所と思ってもらった方がいいと思います。

 

▼市のお散歩マップ

https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/016/333/tomaturi_akihuyu.pdf

 

まず、駐車場(お散歩マップのA)からウッドチップが路面に敷き詰められた細いつづら折の道を登っていきます。そのままトレイルに突入し、桜ヶ丘(B)を目指します。

この桜ヶ丘を基点として1周ぐるっと回ると1.3kmくらいのコースになります。この1

周ぐるっとコースは、基本的に道沿いなので、看板を見ながらたどれば迷うことはないと思います。迷ってもすぐそれぞれの出口に出てしまうので、引き返せばいいだけですし。

この1周ぐるっとコースを緑地内で出来る限り長く取ろうとするなら、希望ヶ丘から桜ヶ丘(F~B)に向かう途中に右側の階段に降りて、最初の駐車場(A)に戻ります。階段が多くなるので走るのには向いていないですが、距離を稼げます。もう1つ、距離を稼ぐとすると、見晴らし台(B~Cの間)から右に反れて少し外側をぐるっと周れるコースがあります(Cに戻ってくる)。ここの右に反れる道が少しわかりにくいです。この両方のルートを通ると、2km強くらいになります。

 

 

個人的にはこれでも十分、楽しく気持ちよく走るにはいいコースだし、散歩もできていいなぁと思っていたのですが、先日行ってきた時に更にいいコースを発見しました。

 

 

見晴らし台から右に抜けるルートの先で、戸祭台公園というところに抜けられる場所があります。この先が更に、戸祭台にある遊歩道(片道1kmくらい)に直接繋がっているのです!遊歩道でそのまま戸祭台通りという比較的主要な道路を陸橋でパスできるのも感動。この遊歩道往復を含めれば1周4km以上のコースにできます。

 

さらに!遊歩道の終わりのポイントを見てびっくり。道路を渡る必要がありますが、長岡公園まですぐ近くの道路まで来ているのです。長岡公園まで上がってぐるっと1周して帰ってきたらかなり長くバラエティに富んだコースになるんじゃないだろうか・・・というか、戸祭山緑地ではなく駐車場の広い長岡公園に停めて逆に走るのもアリですね。

 

www.city.utsunomiya.tochigi.jp

 

宇都宮の中心部近く、戸祭。もともと坂道が多い場所とは知っていましたが、道路を渡るなどのストレスを最小限にてこんなに長く変化のあるランニングコース(?)を発見できてめちゃくちゃ感動しました。

 

 

kou90ersrun.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ランニングできる栃木県の公園

栃木県でおススメのランニングコース(公園)は?と聞かれることが多くなったので、まとめていこうと思います。ゆるゆる更新しています。公園以外のロードコースや陸上競技場は関連リンクより。

 

 

那須塩原市

那須野ヶ原公園

 

大田原市

美原公園

 平坦・競技場

黒羽運動公園

  アップダウン○・クロカン

 

日光市

今市青少年スポーツセンター

  アップダウン○・クロカン

 

さくら市

ゆうゆうパーク

  平坦・直線・広さ◎

 

高根沢町

元気あっぷ村

  クロカン・温泉

 

宇都宮市

森林公園

 トレイル・広さ◎

ろまんちっく村

 クロカン、広さ○

戸祭山緑地

 クロカン

河内総合運動公園

 平坦・競技場

栃木県総合運動公園

 広さ○

八幡山公園

 アップダウン◎

みずほの自然の森公園

  広さ○、平坦、ウッドチップ

 

下野市

三王山ふれあい公園

 距離表示・ゴムタータン・温泉・周回

大沼親水公園

 

壬生町

わんぱく公園

 クロカン(芝)・アップダウン○・広さ○・競技場(土)・周回

東雲公園

 

▼真岡市

井頭公園(真岡市)

 広さ○・温泉・アップダウン○・周回

真岡市総合運動公園(真岡市)

 競技場・

 

市貝町

水晶湖市貝町

  平坦・広い走路・周回

 

栃木市

栃木市総合運動公園栃木市

 競技場

岩舟総合運動公園栃木市岩舟町)

  温泉・

 

小山市

小山市総合運動公園小山市

 競技場

小山市思川緑地公園小山市

 平坦・広さ◎・距離表示

 

佐野市

みかも山公園佐野市

 アップダウン◎・広さ◎・温泉

佐野市総合運動公園佐野市

 坂・競技場

 

足利市

足利市総合運動公園足利市

 

 ▼関連リンク

▼公園以外のロードコースなど

kou90ersrun.hatenablog.com

陸上競技場利用はこちらです。

kou90ersrun.hatenablog.com

 

日立さくらロードレース

今日は、日立さくらロードレースで10kmを、走ってきました。何も考えなければ翌週のおやま思川ざくら5kmが近くて良いのですが、できるだけいろんな大会に出たいなと思って、大会100撰にも選ばれているこの大会にしました。

話がいきなり反れますが、100撰に入ってくる大会って悪い大会は当然ながら全くないんですが、100撰に絶対入らないであろうめちゃくちゃいい大会もたくさんあるので、両方とも満遍なく出てみたいなーと思っています。

 

さて、最近の練習状況はというと、1月の牛久シティマラソン、2月のしらさぎ駅伝、3月のリレーマラソン、と、コンスタントにレースに出てはいて、それぞれで悪くない(良くもない)結果で走れていました。ここで、「良くもない」ってなってるのは、練習としてジョグばっかりしかできてなくて、レースに耐えうる練習ができてない(してない)からなんだと思ってます。この反省、毎回毎回書いてるな。笑

12月のくろばねマラソン10kmで38分03秒。この時そこそこ身体は動いてたので、これに近いタイムで走れたらいいなーと思ってました。

 

ちなみにこの大会、オフィシャルの駐車場がなく、公共交通機関でお越しくださいとなってます。しかしながら宇都宮から電車というのは厳しく、車にて。9時スタートに対して7時半到着目標にして、5時半すぎに家を出ました。ナビだと宇都宮上三川インターを案内されるのですが、茂木から常陸大宮を抜けていく一般道で行くことに決めてました。

序盤は信号にちょこちょこ引っ掛かってましたが、予定通り1時間40分くらいで到着。駐車場があるか心配でしたが、駅の近くということもあってか有料駐車場がたくさんあり、会場のすぐ近くに停めることができました。ただしこれが落とし穴だったことは追って書きます…

 

今日は一人で来たのですが、友達が出ていたので一緒に荷物を置かせてもらいました。荷物預けはすごいこみ合っていたようなのでよかったかな?この大会、最長ハーフですが14000人?も参加者がいるメガ大会!どこもかしこも人だらけで、大会運営の工夫でどうにかできる域を超えてました。むしろ、この人数をうまく捌いてるなーという感覚でした。

 

軽くアップして、気温もそこそこ高かったので、ランシャツランパンで走ることにしました。靴はお馴染みアディゼロタクミ練。

スタートは桜のトンネルのようになっていてすごく綺麗なところでした。今年はちょうどタイミングが良かったみたい。10キロだけでも4000人くらいいたようですが、40分以内のブロックに入って前から3列目くらい、右端の方に待機。

スタートして数百メートルで左に折れるのがわかっていたので、スタートと同時に段々集団が左に寄ってきます。僕の個人的なところなのですが、集団の中で走るのがあんまり好きじゃなく、いつも大会では最初前に出ちゃうか、集団ができる反対側を走ったりしてます。今回もあえて右側寄りを走っていきました。

先頭はあっという間に前に行ってしまいました。自分の走りもそんなに力むことなくリラックスした走り。10kmもつか不安なので、あまりペースは気にせずに楽に走ることを前半の課題としていました。

●入りの1km:3’38"

うん、悪くない。あとからわかったのですが、最初少し登っていたようなのでこのタイムは十分というところです。1kmに差し掛かるちょっと手前から明らかな下りに突入しました。僕は変わらずリラックスして、でも下りにうまくスピードを乗せられるように走っていました。最初飛ばしたのであろう選手を数人拾いながら下っていきやがて海が見えてきます。

●2km:3:34

下りだったのがあるとは言え、楽に走ってこれなら上出来!一気に「これいけるのでは?」という気持ちになってきますが落ち着いて落ち着いて。

そしてここからの景色が素晴らしかったです。海沿いのバイパス道路なのですが、海より少し高い位置に道路があって、まさに海の上を走っているような感覚。天気も良くて風もそこまで強くないのでめちゃくちゃ気持ちよかったです。特に、海なし県生まれ海なし県育ちの栃木県民にはこういう景色はすごく刺さります。笑

●3km:3:40

出来すぎなタイム。少なくともこのくらいか、もうちょっと遅いくらいのタイムをキープできればなぁーと思って走っていました。このくらいまでに僕を先頭に5人くらいの集団になっていて、特につらくなかったのであまり気にせず自分のペースで走っていました。調子がいいときの集団の先頭って悪い気しない。

●4km:3:44

あれ?少し落ちたかな?と思いつつもあまり無理せずキープ。

●5km:3:47

あれれ?落ちてきたなーと。でも、5km通過が18:25くらいだったので、3:50押しでもフィニッシュ予測37:35。それより速く走れるだろうと思っているくらいでした。このあたりで集団がばらけ、後ろについていた4人がバラバラと前に出て行きます。確かにペース落ちてるからなぁと思い、少しがんばって一番後ろの人についていこうとすると、脚がめちゃくちゃ重いことに気づきます。

コースの一番奥まで行き、折り返してその理由に気づきました。実は前半の終盤は登っていたのです。見た目的にはあんまり感じなかったので、単純にペースが落ちてしまって脚も重くなってしまって、少しやばいな、と思っていたのですが、折り返して下り始めて少し元気になりました。

●6km:3:55

登りで落ちた分仕方ないと思い、下りに身を任せていくと少し楽に。後半は基本的に前半の折り返しなので、また海沿いを走りつつ、多くのランナーとすれ違うことができます。

●7km:3:44

よかった良かった。ペースが戻った!あと3km、この調子なら後半上げて37分台前半いけるぞ!と思っていました。このあたりで後ろから1人ランナーがきて、抜かれたのでついていきます。このあたりで再び、脚が重いなぁと思い始めて、今回初めて「キツイ」という感覚になってしまいました。

●8km:3:49

何とかキープしてる感じ。ただ余裕はなくなってきてます。先に抜かれたランナーは段々遠くなっていき、その差をできるだけ開かないようにと思いながら粘っている感じでした。右側にメイン会場近くのビルなどが見え、それがある場所の高さにちょっと愕然としました。めちゃくちゃ高いところにある・・・ということは、それだけ登るのか・・・と。笑

●9km:3:51

落ちすぎず何とかこらえていましたが、また後ろから1人ランナーが来てしまいました。ラスト1キロなのでもういくだけだ!と思い、そのランナーと並走します。海の上を走る橋に別れを告げて右に折れ、会場方面に向かっているとどんどん脚が重くなります。それはそのはず、めちゃくちゃ登っているのです。目に見えて登ってる!ただし、他のランナーもペースは落ちています。自分も落ちているのもわかりつつ何とか粘り、ラストスパートも効かない脚で何とかフィニッシュ!

●10km:3:53

■フィニッシュ:37:42■

 

年末のくろばねマラソンの時には38:03、そして、感覚的にはくろばねマラソンの方が良かったので、今回は全く悪くない結果でした。重いながらに走れてしまったのは、大会だけでですがコンスタントにスピードを入れ続けることができているからかと思います。でも、1年前の天平ラソン10kmの36分台にはまだまだ遠いかな、という感じです。また、今回くろばねマラソンよりもペースは速いにも関わらずピッチが遅くなっていました。たぶん、脚が重いと感じたこととか含めて、調子的には良くはなかったのかな、と思っています。もしくは、鈍っているか。

次は5月の春日部10kmなのですが、6月に奥武蔵ウルトラ78kmを控えているので、GWは走りこみの予定。そのため、10km本気で走ることはできないと思っています。土曜マラソンとかでスピードは維持しつつ、かな。。

 

さて、ダウンも終わって10時半くらいには帰れそうな感じだったのですが、何となく嫌な予感はしていたのですが、駐車場出口がフィニッシュの道路沿いになってしまっていて、全て終わらないと出れない状況・・・。

仕方ないので、たくさん出ている出店や、桜や海沿いをふらふらしながら時間を潰します。この大会と平行して、ここではさくら祭りが開かれているようで、参加者数以上に人がいたように思います。

 

12時半まで待ってようやく規制解除。帰路につこうと思ったのですが、上記さくら祭りの規制がまだ続いていて、抜けるのにも一苦労でした。

大会の推奨は公共交通機関で、駅から徒歩1分もせずにメイン会場でした。なので、駐車場から出れなくなったことや、規制で抜けにくくなってしまったことも、全て自分の下調べ不足だと反省。こういう大会はちゃんと調べていかないとダメですね。。。

駅を挟んでメイン会場と逆側の駐車場の方が、値段も安くて規制の影響を受けにくかったと思います。

 

総論としてはすごくいい大会だったと思います。コースも気持ちよいし、地味にテクニカルなコースがまた走りたくなる(笑)。出店があったり、近くに商業施設もあるので、家族で来ても楽しめそうだなぁと思いました。

 

 

kou90ersrun.hatenablog.com

 

 

 

 

足袋型シューズ「hitoe」を履いてみた

先日のなないろスポーツフェスタで入賞した賞品として、足袋型シューズ「hitoe」をゲットしました!

 

ここ数年、ウルトラマラソンを走ったりして「ただ速く走るだけではない楽しみ方」を感じるようになりました。その中で、裸足で走る方や一本下駄で走る方を見かけていてすごく興味深く、ちょうどこのような「足袋型」シューズは気になっていたところでした。

ただ、何でもかんでも買えるわけではない中で優先順位非常に低くて、今回はすごくラッキーでした!

 

◎形状としては

ゴムのような1枚ソールが中敷直下に設置されており、アッパーは少し伸び縮みがするような素材。それらが直接繋がっていて、それぞれが連動して動くような感覚です。

足先は親指とその他で分かれているので、専用もしくは5本指ソックスが必要ですね。僕はもともと走るとき5本指ソックスだったので違和感なしでした。

また、僕は普段ランニングシューズは26.5cm~27cmですが、これは26cmでした。少し小さめのぴったりフィットのがいいみたい。

 

◎走ってみた感想

①地面を足裏でなぞっている感覚がダイレクトに伝わってきます。まさに裸足で走っているような感覚。走っていて、今足裏のどの部分が地面に接していて、どういう軌道でつま先に抜けていくかが手に取るようにわかります。ソールの外側に丸みがあるため、ちゃんと接地しないとぐら付くような感覚もあります。

 

②地面に接地した時の衝撃がダイレクトに脚から上に向けて伝わってきます。感覚的には特に膝あたり。これは、普段走っている時には現代のランニングシューズの優れた機能(クッション性や反発性)によって吸収されている部分だと思います。そのため、「ちゃんと」走らないとすぐ疲れてしまったり、脚を壊してしまったりしそうです。逆に言うと、普通のランニングシューズではごまかしが利いている部分を理解できるってことだと思います。

 

①、②と同じ理由で、速く走ることは難しくなります。実際走ってみて、通常のジョグよりペースが遅くなりました。この遅くなっている分っていうのは、普段ランニングシューズの性能に甘えて適当に走っていた分なんじゃないかと思っています。その、甘えている部分が感覚的にわかって、かつ、矯正できるのがこのhitoeの大きな魅力かな、と。

これを履いてトレーニングをすることで、結果的に効率よい走りになったり、怪我をしにくくなったり、できそうな気がします。

 

 

ただ、あくまで「速く走る」「自分の限界に挑戦する」のを目的とするなら、ランニングシューズの方が良いと思います。だって走りを補助してくれるのだから。hitoeは間逆で、走りの補助ではなく本来の気づきを与えてくれる、という感じです。

 

ということで、ゆっくりのジョグやウォーキングでhitoeを履いて身体の使い方を学ぶ。強度の高いトレーニングや心肺系のトレーニングは目的が別なのでランニングシューズで走る。レースはもちろんランニングシューズで走る。

これによって、今までのランニングの幅がより広がるような気がします。

 

課題は、そのトレーニングのために1足約12,000円の足袋を買い換えられるかどうか、か。笑

 

 

kou90ersrun.hatenablog.com

 

なないろスポーツフェスタで入賞してきました。

2019年3月17日に開催された「なないろスポーツフェスタ」に参加してきました!

 

nanairo-festa.world

リレーマラソンの部は4時間耐久で、12時15分スタートとゆったりめ。

今回はNO-BORDERというチームで参戦して2チーム作りました。その名も「NO-BORDER兎」と「NO-BORDER亀」。チーム名を考えた人のセンスを疑います(ごめんなさい)。

名前の通り、兎さんチームは比較的速い人のチームにして入賞狙いをして、亀さんチームはゆっくり楽しく走るスタンスで人集めをしました。高校のときの部活の仲間や大学、社会人になってからのラン友さん、知り合いの知り合いまで、ごちゃ混ぜでした(笑)。

会場はつくば市洞峰公園。めちゃくちゃ広いわけではないですが、今回コースだった1周1550mのコースにはずっとタータンが敷いてあって走りやすかったです。

www.tsud.co.jp

上記の通り、僕がとにかく声をかけまくって集めたメンバーだったので、小グループでの知り合い同士ではあるものの、僕がとりあえず行ってまとめなければいけないのに、見事に遅れました(笑)。10分程度集合から遅れた挙句、駐車場が満車で遠いところを案内されて、ちゃんと受付して集まれたのが11時半。全員集合してとりあえずスタートと中継所の位置だけ確認、ゼッケンを雑に配ってチームわけだけして後は放置!本当に雑ですみませんでしたという感じです。。。笑

 

さて、入賞ラインは総合8位だったのですが、昨年の優勝チームを見るとキロ3分20秒ちょっとくらいのペースで回しており、兎さんチームの6人だったら1550mのコースを1周ずつ交代で回してそのくらいのペースで走ることは可能な範囲でした。

とりあえず、1走に一番速いNくんを置いて、開幕ダッシュをしたところ、なんとゲストランナー(?)を除いて1位で帰ってきました!すごい!

ちなみにこの大会、おもしろいのが1時間に1回「助っ人」を使えるところ。助っ人で強力なのが筑波大学の学生で、バリバリ現役の陸上部が走るのでゆるく走っても速い速い。1走目の1位は筑波大学生だったようです。

 

4時間耐久なので、6人で1550mを回すと7~8周くらい回ってくる計算(30分に1本)。インターバルトレーニングというより、間ががっつり空いて走るスピードを上げられるレペテイショントレーニングのような形でした。

僕は6人分の5走。1周目は5'15でした。だいたいキロ3分20秒後半くらいのペース。最初の1周はアップも兼ねて無理のない範疇でと思っていましたが、周りに引っ張られ、チームの順位も良く、いいペースで走ってしまいました。

 

リレーマラソンの特性上、時間を重ねると順位が全くわからなくなるのですが、2周、3周と重ねていった時の速報の張り出しを見ると2位であることがわかりました!ただし、2~5位あたりは1分差くらいの僅差での競り合いになっていました。気を抜けなくなってしまった・・・笑

 

2周目:5'12”

3周目:5'24”

4周目:5'21”

 

最初はリラックスして走っていたのですが、そのままだと段々とタイムが落ちてしまっていました。約半分を終えた際に、あと半分(4本)も走るなんて・・・という気持ちでしたが、仲間が作ってくれたお菓子などをつまみながら、話しながらのんびり過ごしました。リレーマラソンってこういうのが楽しくていいですよね。こんな順位狙わなきゃもっとゆるく楽しいはずなんですが。笑

 

5周目:5'18”

なんとかタイムはキープしているものの、明らかに脚が重くなっているのを感じていました。と、同時に、2~4位の争いも激化。ちなみに1位は周回差のダントツで走っていたので割愛・・・

そのうち4位は段々はなれていったのですが、見ていると3位のチームは1時間に1回の助っ人制度を利用している!!その助っ人と、あと1人くらいいるめちゃくちゃ速い人でタイムを稼ぎ、その時に僕たちのチームより前に出るのですが、トータルでは僕たちの方が早く、また巻き返して2位に戻る、という展開が続いていました。

 

6周目:5'12”

7周目:5’10”

段々タイムは上がっているのですが、明らかに無理な走りに近づいていました。。。というか、こんなタイムで本数重ねられると思ってなかったので、やっぱり襷と競り合いってすごいなと思いました。

 

ラスト1周回に入る前に2位だったのですが、その時に相手のチームも最後の助っ人を利用!これで再度逆転されます。

そしてラスト1周回目のエースNくんで追いつき、ほぼ並んで襷リレー!!なんだこの展開!!

ちなみにタイムを計算していくと、2走、3走、4走、そして5走の僕でラストになりそうな時間でした。なんてこった・・・と思いつつ燃える展開。

 

その後は接戦が続きました。2~4走と、お互い一歩も譲らず全て前後1秒差くらいで繋いできました。このタイミングで書くのもなんですが、相手は高校生チームでした。そして、うちはエースを控えているとは言え、実は6人中3人が40代。高校生と競り合うなんて、とんだ化け物おじさんチームでした(笑)。

 

そして、襷を相手チームとほぼ同時に受け取り、時間は3時間57分くらい。どんなに速くても1周3分を切ることはまずないので、僕のこの競り合いで勝負が決まります。相手も同じ状況と、もちろんわかっています。

襷をもらったと同時にお互い逃がすまいと飛び出しますが、100mもせずにペースは落ち着きます。これは明らかに「勝負」。タイムはともかく、先にゴールできればいいので、完全に勝負になっていました。感覚的には僕の7周までのペースよりほんの少し遅いくらいのペースで走っているようでした。飛び出した際に相手が前だったので、僕は大人気なくもすぐ斜め後ろについて様子を伺いながら走ります。相手もあまり余裕はなさそう。でも僕も正直ロングスパートをかけて追い抜き返されたら着いていく余裕はないくらいでした。

自分でもびっくりなのですが、高校生相手に走っている時に考えていたのは「ラスト勝負に持ち込む」でした。僕は結構ラストスパートに自信があって、今日の走りの感覚からするとこのペースでずっといけばラストスパートを出し切れると思っていました。でも、今考えると、あまりスピード練習もしていない上に、若さという圧倒的に有利な条件の相手にこの勝負に持ち込んだ自分は頭が沸いていたなと思っています。笑

相手も同じ考えだったのか、遅すぎず速すぎず、でも段々と体力は削られていくようなペースでレースは進みます。「曲がり角のところでラスト200m切るくらいかな?、そこで仕掛けよう。」そう思っていて、そこまでは同じペースで推移します。

そして曲がったところで・・・!!相手も全く同じことを考えていたようでペースが数段上がりました。ここが一番きつくて、少し離れかけたんですが、仲間が待っていると思うと離れられずに何とかくらいつきます。ここで食らいつけたのが大きかった。

もう全く余裕はないのですが、最後の曲がり角を曲がってフィニッシュまで100mを切るくらいの直線、周りにたくさん人がいる中で相手がもう1段ギアを上げてトップスピードになりますが、ここまできたら自分のテリトリー、射程範囲。身体も息もきついですが、思っていた通りの感覚でラストスパートが炸裂します。まさに全力疾走。この周回で初めて相手より身体半分前に出ました。よし!刺し切った!!と完全に思ったラスト20m、横から伸びてくる相手の身体・・・抜けない・・・けど、抜かれない・・・そのまま、ほぼ同時にフィニッシュテープを駆け抜けました。

 

 

ほんとうにほぼ同時。結果を待つしかないですが、僕の最終周回も含めてメンバー全員がデットヒートを繰り広げ、2位という順位を狙いました。こんなに熱くなったのは学生時代以来で、すごくたのしかった。

 

そして順位発表・・・

結果は、

3位!

 

残念ながら刺しきれてなかったようです。でも全く悔いはなく、むしろこんなに走れたし熱くなれたのでとても良かったです。

亀さんチームもゆっくり楽しくがコンセプトのはずだったのですが、半分以上の順位の22位!すごい!・・・と同時にこんな戦いを横でしてしまって、なんだか雰囲気を巻き込んでしまって申し訳なかったです(笑)。次は楽しく走るだけのリレーマラソンに出たいな。

 

表彰式と抽選会を含めていろいろ賞品をもらったのですが、その中に「マラソン足袋(たび)」がありました。個人的にはこういうシューズ?は気になっていて買いたいなと思っていたのですが、あまりそこにお金もかけられないということで買えていなかったのですごくうれしかったです。合計4足、チームでもらったのでじゃんけんで勝ち抜きゲットしました。サイズを記入して後日届くのでとても楽しみ。

hitoe-marugo.jp

 

そして最後にオチとして。

実は3位という順位は僕が刺し切れなかったことでなった順位ではなかったのです。完走証をもらって気づいたのですが、「4時間以内にフィニッシュ地点を最後通過したタイミングの順位」が最終順位。。。ということは、僕が襷をもらった3時間57分くらいのタイミング、あのタイミングで順位は決まっていたのでした。

僕と、相手の高校生のデッドヒートは、実は何にも意味がなかったという・・・(ということは、相手もルールを理解していなかったんですな。)笑

でも、記録より、思い出、記憶に残るレースになりました。

 

 

ランニング栃木vol.9(190215-0225)

昨年末より、「せっかくツイッターで、栃木県のランニング情報を発信しているので、どうせなら定期的にまとめよう」と思い更新しています、「ランニング栃木」vol.9となります。

お久しぶり(10日ぶり)の更新となります。

 

 ▼前回記事

kou90ersrun.hatenablog.com

 

ランニングできる栃木県の公園

以前から別記事でまとめていますが、この10日間でまた行ってみたいところとか、新しく走った場所ができたので紹介します。

●戸祭山緑地(宇都宮)

めちゃくちゃおススメ!

 

●みずほの自然の森公園(宇都宮、ほとんど上三川

いつのまにかランニングコースを記す看板ができてました。

 

●東雲公園(壬生町

 

▼まとめたのはこちらから

kou90ersrun.hatenablog.com

 

注目大会の結果

 ●ふかやシティハーフマラソン

注目大会というわけではありませんが、ゲストランナーを除く選手で栃木県出身の八木沢元樹選手が優勝しました。そして、これが引退レースだったようです。

2010年のインターハイ1500mでは3分46秒50で2位(日本人1位)、都道府県対抗男子駅伝で栃木県チームが優勝した際の1区区間賞、今も残る5000mの明治大学記録/13′28″79保有しています。

日本人離れしたスピード・ラストスパートの切れが持ち味、魅力的なランナーでした。おつかれさまでした!

 

栃木関連選手の大会エントリー状況

大型大会の選手エントリー情報です。今週末は東京マラソンびわ湖毎日マラソン!楽しみな選手が多数!

 

 ●日本学生ハーフ(3月10日)

 

びわ湖毎日マラソン(3月3日)

 

東京マラソン(3月3日)

 

エントリー受付中のマラソン大会とトピックス

●現在エントリー期間中の栃木県内の大会、または情報が確定している大会です。

6月15日(土)-16日(日) 日光千人同心街道四十里ジャーニーラン 2月1日~ 【新規開催】

5月19日(日) Takahara Adventures Festival 2019 2月13日~2月10日 【新規開催】

5月19日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村 2月20日~4月26日

5月19日(日) 湯けむりマラソン全国大会 2月2日~3月20日 【開催日変更】

5月12日(日) 鹿沼さつきマラソン 1月18日~2月28日

4月14日(日) ミヤラン 12月25日~2月28日

3月31日(日) 栃木トラックチャレンジ 12月4日~3月8日

3月31日(日) 仙人ヶ岳トレイルランレース 12月1日~

 

Post-script 

●早朝練習会っていうのを、毎週火曜日朝6時半~ゆるっとやってます。

 

●2nd栃木トラックチャレンジ(3月31日)のエントリー受付中です!

30k-series.com

●ちなみに、ゲストランナーも大募集中です!

bosyu.me