走シンドローム

大会の出走記を中心にマラソン・ランニングの情報を独断と偏見によってまとめます。栃木県中心。※内容の正誤はご自身で確かめ、ご判断ください。

栃木県のマラソン大会日程・エントリーまとめ

栃木県内のマラソン大会の日程・エントリー期間をまとめています。間違いや追加などご連絡ください(更新日:2017年11月21日)。

※いずれも定員に達し次第終了

※★マークは情報未確定

※駅伝等は含まず。

【開催日 大会名 エントリー期間】

2018年

6月17日(日) 日光100㎞ウルトラマラソン

★5月20日(日) 42.195kmリレーマラソン in ろまんちっく村

5月13日(日) 鹿沼さつきマラソン

★4月29日(日) 湯けむりマラソン全国大会

4月21日(土)-22日(日) しおや100キロウォーク

★4月8日(日) ミヤラン

4月8日(日) おやま思川ざくらマラソン 12月4日~1月12日

3月21日(水・祝) 1st栃木トラックチャレンジ 11月10日~2月11日

★3月11日(日) 城内坂ロードレース

3月11日(日) 全日本山岳スノーシューイング・レース in 日光 10月15日~2月18日

【済】1月14日(日) 高根沢元気あっぷハーフマラソン 8月9日~11月20日

【済】1月8日(月・祝) 下野市天平マラソン 9月12日~10月31日

1月1日(月・祝) 栃木市元旦マラソン ~11月24日 ※郵便振替エントリーのみ

2017年

【済】12月23日(土) くろばねマラソン 9月4日~10月13日 ※郵便振替エントリーのみ

【済】12月17日(日) はが路ふれあいマラソン 8月5日~9月5日

【済】12月10日(日) おやま思川マラソン 8月1日~10月2日

【済】12月10日(日) さのマラソン 7月22日~10月12日

【済】12月10日(日) しおや湧水の里マラソン 8月1日~10月10日

【済】12月9日(土) トレラン益子 10月1日~

【済】12月3日(日) 那須烏山マラソン 8月31日~10月16日

【済】12月3日(日) NISSANしらさぎマラソン in 上三川 8月28日~10月6日

【済】12月3日(日) 壬生町ゆうがおマラソン 8月18日~10月12日

【済】12月3日(日) 小砂トレラン 7月7日~11月12日

【済】11月26日(日) スマイルトレラン 9月18日~11月18日

【済】11月26日(日) 那須高原ハーフ&ファミリーマラソン 6月26日~10月9日

【済】11月23日(祝) 大田原マラソン 6月4日(県民枠は6月2日)~8月6日

【済】11月19日(日) ゆりがねマラソン 9月20日~10月25日

【済】11月19日(日) 宇都宮マラソン 7月20日~9月19日

【済】11月12日(日) Nikko National Park Mountain Running 8月1日~10月1日

【済】11月12日(日) 矢板たかはらマラソン 6月26日~9月15日

【済】11月5日(日) 足利尊氏公マラソン大会 7月1日~9月6日

【済】11月3日(祝) 那須塩原ハーフマラソン 6月5日~8月25日

【済】10月29日(日) 宇都宮トレラン ~8月31日

【済】10月28日(土) 古峯ヶ原高原トレイルラン 6月1日~9月30日

【済】10月28日(土) orgabits run in 栃木市渡良瀬遊水地 6月15日~10月10日

【済】10月21日(土) 栃木30K 5月17日~10月16日

【済】10月15日(日) 栃木市岩舟健康マラソン大会 8月3日~10月6日

【済】10月9日(祝) 茂木町ふれあいマラソン 7月11日~9月11日

【済】10月9日(祝) さくら市マラソン 6月19日~8月20日

【済】10月1日(日) 真岡井頭マラソン 6月1日~8月7日

【済】9月24日(日) 城内坂ウルトラマラソン 4月1日~7月31日

【済】9月24日(日) すまいる駅伝inみずほの自然の森公園 7月10日~8月18日

【済】8月20日(日) やいた八方ヶ原ヒルクライムレース2017 6月3日~7月23日

記録・プロフィール

市民ランナーになってから(学生部活を除いた)記録。

 

【PB】
・5km 17分36秒(2014年鹿沼さつき)
・10km 36分10秒(2014年葛西臨海公園ナイトマラソン)
・ハーフ 1時間22分56秒(2014那須塩原
・フル 2時間58分29秒(2014富士山)

 

【SB(2017)】
・5km 17分47秒(渡良瀬遊水地
・10km 38分42秒(春日部)
・ハーフ 1時間24分20秒(ジュビロ磐田メモリアル)
・フル 3時間46分27秒(バルセロナ

 

f:id:kou90ers:20171117222513p:plain


【その他】
・2014年しろいし蔵王高原マラソン10km部門優勝(37分11秒)
・2017年バルセロナマラソン完走(3時間46分27秒)
・2017年富士五湖ウルトラ71km完走(8時間20分41秒)

ジュビロ磐田メモリアルハーフマラソン(地域密着マラソン)

第20回記念のジュビロ磐田メモリアルハーフマラソンに出場してきました。

jubilo-marathon.com

 

 

前書き

栃木県内では矢板たかはら日光マウンテンランニングなど開催されている日なので、栃木県民としてはそこら辺に出るべきかと思いましたが、たまには遠出したいなとも思いエントリー。あえてここを選んだ理由としては①大会100撰ハーフマラソンランキング③サッカー好き、というところでした。大会100撰に拘りすぎるのもあまり好きではないのですが、いわゆる「大規模都市型」を除く100撰大会は地域の色が濃く出てていいなぁと思ったりしてます。

 

ちなみに、僕の社会人ベストは2014年11月の那須塩原ハーフで1時間22分56秒。その頃はかなり走り込んでたし、スピードもありました。同じく2014年11月末の富士山マラソンサブスリー(2時間58分29秒)をして自己ベストを出して以来、僕の市民ランナーとしての力は落ちる一方でした。なかなか仕事が忙しい、とかもありますが、それはみんな同じ。2017年に入ってからいろいろ外的にモチベーションを上げる要因もありまして、「そこそこ」練習を積めている今回。公認コースということもあり、一応勝負レースとしてキロ4(1時間24分)を狙っていました。

 

レース結果

さて、本題レースについて先に(その後にこの大会の素晴らしさとか、地域密着というのを語りたいと思います。笑)コースはマップで見る限り、最初と最後に大きな登り坂がある以外は比較的フラット。気温は15度(ガーミンより)、曇り、風は2.5m(天気予報より)と絶好のコンディション。

 

スタートは最前列に位置するところに並べました。カウントダウンがなくいきなりスタート。スタート地点もその後の道路も全面規制で走りやすいです。スタートしてすぐ右に曲がり、すぐに「心臓破りの坂」が見えてきました。いやいや、いきなり過ぎないか?笑。でも、変に中盤とかであるとリズム崩すので、ここであるのには大歓迎です。無理せずに登れました。そのあと3kmくらいにも坂がありましたが、同じく序盤なので無理なく走れ、あんまり覚えてないです。前半は特に応援が多くて、吹奏楽部とかも至るところにいました。できる限り無理なく走ろうと思ってたので、こういうのはほんとにありがたいです。キロ表示も1キロごとにあり。前半のペースは、そこまで飛ばしてる意識がなく、むしろ抑えているくらいの走りだったのですが3'44-3'45-3'55-3'49-3'53、5kmで19'06”。お、これはもしやキロ4イーブンより速くいけるのか?と思いましたが、例の「1/3刻み戦略」を意識して淡々と走りました。

 

中盤に入ると田園風景?が多くなり、少しだけですが風も気になるようになりました。微風でよかった、風強かったらこのコース相当きつい。また、細かいアップダウン=小さな橋を渡ることや、直角カーブもあり、平坦基調ではありますがテクニカルなコースでした。僕は飽き性なので、このくらいの方が気分転換になっていいです。

そして!僕が今大会で一番よかったところ!ロータッチエイド!(笑)「ハイタッチ」ではなく「ロータッチ」。幼稚園児がコース脇にずらーっと並んで手を出してくるポイントです。これがコース上6ヶ所にあり、中盤に集中してるのですが、思った以上に気分転換になり元気をもらえました。キロ4くらいで走ってたのでほとんど周りではわざわざロータッチしに行く人はいなかったですが、僕はわざわざコース脇に寄ってできる限り全員とタッチできるようにしました。これで少し足を使ったような気もしましたが、それ以上にそこで元気になる方がプラスでした。もう少し後半にあればよかったなぁ。ちなみに10kmは39’04”(この5kmは19'58”)。

 

そんなこんなで「1/3戦略」の2/3、14キロが近づきます。ここまで無理もなく、ほとんどキロ4かそれを切るくらい。上げたいという気持ちを抑えつつ走ってきました。14キロを越えたところでペースを少しずつあげようと思ってたのですが、思ったよりも余裕!!という訳でもなく、ここが気持ち的には半分、最後に登り坂、ということもあり、ペースを維持することにしました。

 

思った通り。15キロくらいで身体が重いな、固いな、という感覚になってきました(59'03”/この5kmは19'59”)。同じ走り方をしていると少しずつペースが落ちてきます。ここら辺から、「バイキンマン」に助けられます。話は少し戻りますが10kmくらいでバイキンマン!という声が沿道から増え始めました。あまり気にしなかったのですが14キロすぎの折りかえしポイントで、少し後ろにバイキンマンの仮装をしてる人がいることがわかりました。おいおい…キロ4に仮装がいるのか…と感心していたのですが、16~17キロくらいでこのバイキンマンに捕まったのです!!また、このバイキンマンがいるちょっと前に4人くらいの集団がいて、この集団がおそらくキロ4イーブンくらいで走っていました。流石にバイキンマンに負けるわけにはいかない、と身体にむち打ち、前のキロ4集団につくことができました。ここら辺がほんとにきつかった。。。

後で見てみたら、後半ピッチが落ちていました。最近心がけていることとして、ペースとピッチは明らかに比例するので、きついときほどピッチは変えないようにしています。

▼レース中のピッチ数(ガーミン)・・・緑は平均よりピッチ数が少ないところ。

f:id:kou90ers:20171113182748j:plain

 

残り2kmを切り、2回にわけて、距離は短いですが結構急な登坂がありました。短かったので勢いでいけたのですが、登りきったところで身体を使いきってしまったような状態。ここで後ろから、ミシ…ミシ… 、という音が聞こえてきます。これは…バイキンマンの顔が揺れてきしむ音!(笑) これのおかげでまた息を吹きかえして最後までバイキンマンと闘い、ラストスパートでなんとか置いていき、1時間24分20秒で完走できました。ありがとう、バイキンマン、ありがとう、幼稚園児、な結果でした。

 

正直、練習で20キロを超えることなんて夏すぎてから1回しかやらなかったので、不安はありました。ですが、何とかこのタイムで走ることができたのは純粋にうれしいし、今後のモチベーションにもなりました。前半かなり余裕をもっていたのに後半急にダメになった原因としては、やはり練習での距離走不足だと思っています。10月に2回、キロ4分15キロのペース走をやったので、長く速いペースで走る負荷は目標からしてこのくらいでいいかと思いますが、それ以外の日にゆっくりジョグでも20kmを超える距離を走ったり、15kmペース走の翌日にインターバルか10km以内の速いペース走をするとか、ハーフに対応するための練習をしなければならなかったなぁと思いました。いつも思うだけで実行できないのですが・・・。

 

▼高低図(ガーミン)・・・スタートが低いところでフィニッシュが高いところ・・・。笑

f:id:kou90ers:20171113182639j:plain

▼コース図(公式)

jubilo-marathon.com

▼3Dコースマップ

www.relive.cc

大会の良さ、スポーツの地域密着

さて、ひとまずレース結果までは書き切りましたので、この後はこの大会で感じた大会の良さやマラソン(スポーツ)の地域密着について、少し考えたことを語ろうと思います。

1)レース記でも書いた「ロータッチエイド」以外にも、本当にたくさんの地域の方が支えている大会だな、と思いました。コース上には地元学生の吹奏楽部や、地域の方の応援がたくさん。私設エイドもありました。また、大会公式で、5名以上で応援をするボランティア制度があります。また、荷物預かり所には中学生か、高校生か、恐らく運動部の子達が元気良くやっていました。

2)コース。前半磐田市の中心部を駆け抜ける気持ちいいコースです。駅前の通りも走るので、交通規制等大変だろうなと思っています。近年、特に都市型の大会では交通規制問題が挙がっていますが、ここは(完全に僕の主観ですが、)あまりそういった不満を言う市民も少なく、マラソンを応援する文化ができているのではないかな?と思いました。

3)大会の前日~当日に市内のいたるところで使えるクーポンやおもてなし特典。大会についているスポンサーの数々。

4)また、会場を見ていて思ったのはファミリー層の多さ。そして、おそらく地元民の多さ。楽しめる会場ブースの数々。飲食ブースなんて本当にすごいです!

これら1)~4)を支えている根底にあるのは、やはり大会名にもなっている「ジュビロ磐田」だと思います。

 

ジュビロ磐田:J1の超名門クラブです。大会当日も沿道で応援していたり、サブ種目を一緒に走ったり、イベント出演、抽選で約1,000名(!)にサインなど・・・なんと「全選手」で盛り上げています!J1シーズンも最終盤戦の一番重要な時期に、これだけのサービスがあるのです。

これにより、マラソンを普段しない、見ない人でもこのイベントに向けて応援をするし、走る。ジュビロ磐田、地域が誇るクラブのイベントだからこそ、市民・地域が一体となって応援する。こういう雰囲気が感じられました。

Jリーグは地域密着を理念に立ち上げられているので、まさにそれを体言しているクラブだな、と思いましたし、マラソン大会としてもこんなに理想的なことはないな、と思いました。

また、今いろんな大規模マラソンが立ち上げられていたり、昔から続いている小さなマラソン大会が行き場を失ってしまっていたり、何でマラソンを開催しているのかわからなくなってきてしまったような時代ですが(言い過ぎ?笑)、サッカー・Jリーグってすごいな、と改めて思った大会でした。

うまくまとめられずすみません・・・。

八幡山公園

今日は宇都宮市の中心部にある八幡山公園でランニングをしてきました。何度か走りに行ったことがあるのですが、今回は周辺も含めて探索してきました。

場所は栃木県庁の裏手にあります。駐車場も多めにあるので何かイベントがない限り十分駐車可能かと思います。ただ、大通りからの入り口がわかりにくいのは難点・・・

 

f:id:kou90ers:20171107191532j:plain

このマップに沿って紹介したいと思います。まず、駐車場は「西」がおススメ。こちらの方が入り口がわかりにくいのですが、「東」よりも空いていることが多い気がします。東は「アドベンチャーランド」や「競輪場」が近いので土日は混むイメージ。

西駐車場のすぐ上、花見広場は1周200mくらいの周回コース?があります。ここ、路面がアスファルトではなく少し柔らかい素材なので脚に優しくおススメです。まぁ1周200mなのですぐに飽きてしまうと思いますが・・・

f:id:kou90ers:20171107191923j:plain

ここから「正面坂」に向かっていきます。この道筋は結構登ります。そして「正面坂」から「南入り口」の坂。ここは割と直線ですしずっと坂で200m以上ある園路なので坂ダッシュにおススメです(笑)。

f:id:kou90ers:20171107192202j:plain

南入り口から今度は地図で言う右側に入っていきます。割とひっそりしている方面なので見逃しがちなのですが、ここに何とミニ動物園があります!ウサギとかだけではありません。ハクビシン、タンチョウ、孔雀、カピバラまで!!

f:id:kou90ers:20171107192358j:plain

いや、これ動物園でしょ!無料でこのクオリティはすごいと思います。もっといろんな人に知って欲しいですし、ランナーとしては動物の間を走れるのは貴重です(笑)。

さて、動物を見つつ裏手側からまた上っていき宇都宮タワーに向かいます。この公園は宇都宮タワーをてっぺんとして西・来た・南入り口に向かって下がっていくという構造です。

そして、宇都宮タワー。

f:id:kou90ers:20171107192807j:plain

f:id:kou90ers:20171107192824j:plain

宇都宮タワー、個人的にはかなりおススメです。190円で入れます。「日本一の地平線が望める」と言っていますが、ここの立地と関東平野に頼り切ったうたい文句となっています(笑)。が、景色がきれいなことには変わりないです。

さて、この宇都宮タワー付近からアドベンチャーブリッジを渡ってアドベンチャーUに行きたいところですが、アドベンチャーUは子供連れも多くにぎわうのでいつもそっちには行かないことにしています。つり橋を楽しんでる家族を横目にゆらしながら走るのも・・・という気持ちがあります(笑)。

この後園内で1周するときは宇都宮タワー裏手にある階段をおりて西駐車場に行き、1周になります。2km弱くらいですね。全体的にアップダウンが多く、階段もあり、しっかり走るとかなり足にきます。マラニックとかがちょうどいいかと思います。

 

いつもはこういうコースをぐるぐるとしているのですが、今回「八幡山公園周辺の道路はどうなんだろう?」と思い、北入り口から出て八幡山公園を左手に一般道を1周してみることにしました。基本的に信号があれば左折、左折、で進んでいくと、信号にかからずに1周、4km弱走ることができました!これは新たな発見。ただ、全体的に歩道は狭いし、スピード出して走るのはおススメできませんが、この八幡山公園周辺はゆっくり楽しくランニング、くらいが一番いいのかもしれません。

締めに南入り口で坂ダッシュ、でまとめ。笑

 

ちょっと発着所が違いますが、走ったコースを3Dコースマップにしました。(上記のぐるっと1周4kmコースではなく、途中で八幡山公園に入ってしまっています)。少しわかりにくいですが、参考までに・・・

www.relive.cc

3Dコースマップ

【栃木】

八幡山公園宇都宮市) 

壬生町ゆうがおマラソンコース

 

【埼玉】

彩湖(埼玉県戸田市

 

【静岡】

ジュビロ磐田メモリアルマラソン

小山向野競技場で15kmペース走

今日は、小山運動公園(向野)の陸上競技場で練習をしてきました。ここの競技場は利用料は150円だし、確か21時まで開いてるし、使い勝手が良くてすごく好きです。この公園自体も外回りをするとちょうど1.5kmくらい。競技場の外周も1周タータン路面となっています。

 

さて、今日はいつもの練習仲間とペース走をしてきました。以前「距離走をしよう」とだけ言われて行ったら、14kmをキロ4分でペース走をやる羽目になった奴です(僕にとってキロ4で14kmは「距離走」の心構えではない。笑)。

kou90ersrun.hatenablog.com

 

さて、余談はさておき、今日は競技場内で15km/キロ4分のペース走ことになっていました(事前からちゃんと。笑)。陸上競技場は1周400mなので・・・37周半。37周!長い!!競技場でこんなに長い距離を淡々と走ることが久しぶりだったので少し不安でしたが、誰かとじゃないと絶対にやらないのでプラスに捕らえます。

 

もうひとつ余談ですいません。ここ最近、「走る距離を3分割する」というイメージを多用していて、割と僕にはこれがぴったりはまります。

例えば今回の15kmだったら①前半5km②10kmまでの5km③後半5km。これだけではただの数字の話ですが、走りとしては、①と②は身体をできるだけ使わない、温存、調子が良くても無理にスピードを上げない、というフェーズ。③の段階に入ったら余裕があれば少しずつあげていく。という作戦です。んー、ここまででも普通ですが、最後に心構えとして・・・②までを心理的な「中間」にする。という気持ちで走っています。要は、15kmの半分は7.5kmですが、マラソンとしては10kmを半分と心構えた方がいいのでは??ということです。僕の説明が下手ですかね?笑

15kmだと少しわかりにくいので、フルマラソンに例えると・・・「28kmが中間」です。21kmを「中間」と思っていると、明らかに後半のがきつくなってしまうのです。当たり前なことを言っていますね(笑)。あくまで心理的なものですが、これが今回のペース走ではびたっとはまりました。

 

まず、いつものごとくペースはお友達に作ってもらいます。お友達の方が実力者なので、こんな流れになってますが、いつか僕も交換しながら引っ張りあうくらいはできるようになりたいと思っています。

ですので、僕は淡々と後ろを付いていくのみ。できる限り、できる限り無駄な力を使わないように、自然に慣性にできるだけ近づけるように走ります。5kmを区切りに走ります。今日はこの時点で感覚がすごく良かったのですが、1km(2周半)の区切りもすんなり入ってあまり長く感じなかったです。5km・・・19'53"。

ただ、ここら辺で脚の裏が痛くなってきました。前の方。筋肉や骨の類ではなく擦れて痛い感じです。でも、どうしようもないので走ります。本来なら7.5kmが中間だ!と思って走るのですが、ここで気を抜く隙を与えない、あくまで「5km~10kmのフェーズ」という意識で走ります。このフェーズではかなり身体はあったまってきているので少しペースを上げたくなるところですが、変に力をかけないように温存し、等速運動を続けます。前を走る友達との間隔が開いたり詰まったりするときに無駄な走りをしないように、ほんの気持ち、間を空けて走ります。少し離れてしまってもトータルで追いつくように無理はしません(ここら辺の考え方が昔と変わりました)。そうこうしているうちにいつの間にかもうすぐ10km!25周もしているとは思えないくらい早く感じます。10km・・・39'52"(19'59”)

さぁ、ラスト5km!ここまできたら余裕があれば上げていく!というフェーズです。正直なところ、自分でもびっくりするくらい余裕がありました。このペースならどこまでもこの無理のない走りを続けられるんじゃないか、というくらい走りがはまっていたのです。レースであれば上げようと思っていましたが、今日は引っ張ってもらっているペース走なので、友達が上げるのであれば付いていこう、という考え方でした。それで、残り2~3kmになっても上がらなければ前に出よう、と思っていました。

後から聞いたのですが、10kmを過ぎたくらいで友達は結構きつかったよう。体力的に、というよりも周回が長く感じてしまっていてだるさが出てきていたようです。引っ張り変わって上げられなくてごめん!

~11km・・・3'57"、~12km・・・3'57”、~13km・・・3'56”。ここも友達にペースお任せだったので、少し上がっている感覚もなく楽に走れました。付いていくだけってほんとに楽。~14km・・・3’51”。ここは少し上がったな、という感じはしましたが、それでもまだ楽な範囲でした。どんだけ調子いいんだ・・・。最後徐々にペースを上げていき、ラスト300くらいからすーっと二人で気持ちよくスパートして、~15km・・・3'33”。合計は59'08"でした。

 

さすがにラスト300mは少し息が上がりましたが、その後流れでジョグできる程度だったし、脚の疲れもそこまでない。終始余裕を持ってこのタイムで走れたのは自信になりました。今日何度も書いている謎の3分割心理戦も要因のひとつだと本気で思っていますが(笑)、少しずつでも練習を積み重ねることができているので力が戻ってきていると感じています。ほんとは週に1回くらいスピード練習も入れることができればもっと力は戻ると思うのですが、なかなか難しいところですね・・・。

 

さて、実は来月ハーフを走る予定です。栃木大好きなのに栃木の大会ではないというのと、少し未定な予定があり出れない可能性も残しているので今まで明かしませんでしたが、ここまで戻ってきているなら出たいという想いが強くなってきました。

jubilo-marathon.com

【コース紹介】壬生町ゆうがおマラソン

今日は「壬生町ゆうがおマラソン」のコースを走ってきました。最近手に入れたNewアイテムを使い3Dコースマップ風に作ってもみました。

【コースマップを見る際の注意点】

 ・2箇所コース間違えてます。4km手前くらいと8kmすぎあたりに変な折り返しがあるので、それは間違いです。すんません、うまく編集できないアプリでして・・・

 ・写真もいくつか場所が少しずれています・・・

まだアプリをうまく使いこなせていないので、いろいろと変なところがあってすみませんが、とりあえず先に載せておきます。

www.relive.cc

 

では、コース解説・・・というか感想を。

スタートフィニッシュ地点は壬生町総合運動公園(わんぱく公園)の陸上競技場です。この公園、すごくいいところなのですが、その紹介は前にしたのでそちらを参考に・・・

kou90ersrun.hatenablog.com

 

公園を出て約1km、農道に出て少し走ると2kmです。ここまですこーし下りますが、たいした下りではありません。あと、前半気づかなかったのですが、道路上に距離が小さく青色で書かれていました(8kmで発見しました)。1kmごと全地点あるのかな?

そして2km手前~4kmくらいまでは見ての通り気持ちいいくらいの直線が続きます。電信柱すごい!!

f:id:kou90ers:20171026194446j:plainf:id:kou90ers:20171026194456j:plain

そして4km手前、ここが3Dコースマップで間違えています。少しまっすぐ行って戻ってますが、右に曲がってください。ここの交差点ですね。

f:id:kou90ers:20171026194728j:plain

ここら辺から道が細くなります。いよいよ田舎大会ならではの、「この先大丈夫か?」という不安が出てきます(笑)。その先に水門がありました。ここら辺気持ちいいな。

そしてちょうど5kmくらいでしょうか?左右に古墳があります!古墳の間を走ります!!笑

f:id:kou90ers:20171026194955j:plain

そして・・・お待たせしました。このマラソンコースの好きなところは、5kmまで地味ーなのに、そこから約2km県道2号(栃木街道)を走れるというところです!片側1車線ですが完全規制して走れるのは気持ちいいです!!

f:id:kou90ers:20171026195214j:plain

f:id:kou90ers:20171026195200j:plain

7kmを過ぎると左折。県道に別れを告げてフィニッシュ会場に向かいます。右折して8kmを過ぎたところでまた道を間違えてしまいました・・・ここもマップでは変な往復をしているのでお気をつけください・・・ここの交差点ですね。

f:id:kou90ers:20171026195446j:plain

右手のトンネル?に向かってください。

f:id:kou90ers:20171026195541j:plain

さぁ、僕は余計な距離を走っているので9km過ぎていますが、実際ももう残り1.5kmくらいのはず!思えばここまでほとんどフラットで走りやすかった、いいコースだなぁー、と思っていた矢先に最後の坂が待ち受けます。今日走ってみるとそこまで長くないし、そこまで急でもないのですが、以前レースで走った時にはここが鬼のようにきつかった。10kmレースの9km付近に坂があるってのはすごいドSですね(笑)。今までふらっとだったから余計に・・・

f:id:kou90ers:20171026195830j:plain

さぁ、これを上りきればラスト。公園に入ります。少し紅葉してました。

f:id:kou90ers:20171026195936j:plain

スタート地点の競技場に戻ってきて3/4周走りフィニッシュ!

 

思ったよりフラットで走りやすかった!そして、意外と信号とかも少なくていいコースだなぁと思いました。前半部分の農道?とかいろいろジグザグすれば、練習という意味でもっと長くいいコース取れるのでは?と思いました。先に書いた公園自体もいいところなので、練習スポットの幅があっていいですね。

ここの「ゆうがおマラソン」は毎年毎年高橋尚子さんがくるんですね。これってすごいことで、高橋尚子さん呼べるのってかなり予算がないと難しい。その人気もあってか毎年エントリー期間を待たずして締め切ってしまうんだけれども、ふつーにコースもいいなぁって思った今日でした。

 

さいごに、コースマップを載せて終わりにします。次コースマップ作る時はちゃんとつくりたい!!笑

f:id:kou90ers:20171026200039j:plain

f:id:kou90ers:20171026200044j:plain

www.relive.cc