走シンドローム

栃木県のマラソン・陸上情報を個人の見解でまとめたり、自分が走った記録をまとめたりしてます。

初サブスリー前の4ヶ月間

僕が初めて・そして唯一サブスリーをしたのは、もう古の遥か昔、2014年11月30日の富士山マラソンでした(2:58:29)。そもそもとして僕の性格上とても飽き性でして、ジョグなどをしてても段々とペースが上がってしまい長く続けることなく終わってしまうことが多く、フルマラソンに向けた練習自体が嫌でフルマラソンを敬遠しておりました(というか、今もしています)。

そもそもこのサブスリーの前に、確か3回・・・かな?フルマラソンを走ったのですが、全て30kmの壁にぶち当たり、一気にペースダウン、3時間20分をオーバーしており、更にこのサブスリーの後にも3回?フルマラソンに挑戦していますが、同じく3時間20分オーバー。自己ベスト2時間58分、セカンドベスト以下3時間20分~30分くらいと、数字だけ見たら博打のようなのが僕のフルマラソンです。

呼吸やペース自体は余裕ありなのですが、脚がどうにもならなく途中で止まってしまうのですね。。。完全に練習不足。

そんな僕が唯一サブスリーをした2014年11月富士山マラソンの前4ヶ月くらいを、今更ながら振り返ってみました。細かい練習日誌はつけていなかったので、記憶と残っているレースや練習の記録から。

 

 

7月~大会まで

7月5日 葛西ナイトマラソン(10km) 36:10

これが現在の10km社会人ベストとなっています。この時は確かに結構身体も動いていて、暑かったわりにはタイムが出たなぁという印象でした。元々僕は、どちらかというとスピードタイプのランナーでして(大したスピードじゃないですが・・・)、「このタイムからしたらサブスリー行けるじゃん!」と皆さん思いがちかもしれませんが、前述の通り30kmで壁にぶち当たります。


8月3日 富士登山駅伝(1区&11区) ※撃沈(笑)

かの有名な日本一過酷な駅伝、富士登山駅伝に、この年とこの前の年に出場していました。1区という大役を任されたにも関わらず、ここにかけないほどの撃沈ぶり・・・。チームの皆様が10区までに順位を上げてきてくださったのを何とかキープする走りでした。この時の脚の動かなさはすごかった。。。


8月12日 檜原湖(福島県)30km走

地元の仲間と福島県裏磐梯にある檜原湖(ひばらこ)という湖に日帰りで行ってきました。ここは大学陸上部の合宿にも使われるような場所で、湖を1周すると31kmになります。高地のため、多少は涼しいし、アップダウンもありでいい30km走の場所になります。キロ5分以内で走りきることができました。


8月26日 宮ヶ瀬24時間 37周×1.8km

この記事を書くまで、これを完全に忘れていました。24時間リレーマラソンにて、全チーム最小の5名(最小エントリー人数は6名だけど、1名欠席にて)で24時間つなぎきったのです。しかも、メンバーの中で一番走れるのが僕だったので、とにかく走らされる走らされる。調子に乗って最初の方かなりいいペースで行ってしまったので、後半は鬼のような辛さでした。結局距離にしたら70kmくらいなのですが、こんなに走ったのは初めてだったかもしれません。


9月13日 しらかわ郷里(10km) 37:03
9月14日 しろいし蔵王高原(10km) 37:11

東北遠征2days。しらかわの10kmは、全く身体が動かなくて納得のいかない走りだったと記憶しています。それもあって遊び半分で挑んだしろいし蔵王で、年代別優勝でした。平凡なタイムですが、激坂として知られる大会でして、前半下り、後半登り、最大傾斜10%という難コースです。ほぼ平坦なしらかわと同じタイムで走れたのは不思議でした。笑


9月28日 榛名湖マラソン(フル) 3:27:58

約8kmのコースを周回、1周のうちにすごいアップダウンがあり、時期も相まって記録はあまり狙えない大会です。練習(距離走)のフルと位置付け楽しくイーブンで走り切りました。


10月19日 30km走(LSD

これは本当にゆっくり。仲間と楽しく走ったり止まったりしながら最後の距離走だったと思います。


11月3日 那須塩原ハーフ 1:22:56

富士山マラソンにエントリーした後に、11月に2週おきにハーフを入れることで調整にしようと思いエントリーしました。この大会自体の結果は思ったよりも悪かったのですが、富士山マラソンに向けてはいい布石になりました。


11月16日 川崎国際多摩川ハーフ 1:23:22

これ、実はめちゃくちゃ体調が悪くて後から熱があることに気づいた大会でした(笑)。でもこのくらいで走れたのは良かったと思います。

 

大会当日

そしていよいよ、11月30日(日)の富士山マラソンを迎えます。今回は仲間5人くらいで小旅行も兼ねて行きました。前日はアウトレットに行ったり、前日エキスポに行ったりして、わりと楽しんでランニングは一切しませんでした。近くに宿泊して夜はほうとううどん+パンでカーボローディング!

そして当日、朝はパンやバームクーヘンをお腹が重くならない程度にこまめに食べながら会場に移動。過去おなか減りすぎて走れないことがあったので、それからは少しずつでもこまめに食べることを意識しています。

★編集中★

結果:2:58:29

 

まとめ

唯一のサブスリーとして書きましたが、こうやって思い返すと出るべくして出たサブスリーだな、と思いました。スピードのベースがあって、夏からコンスタントに距離を走って、直前ハーフ2本で調整。強いて言えば1ヶ月半前くらいにレースペース前後の30km走を入れていれば、もう少しタイムがのびた気はします。ちなみに間の練習は、60分以内のジョグと、たまーに競技場でスピード練習(1000mとか)をやる程度だったと思います。

もちろん、普段からもっとちゃんと練習を積んで、距離を走れば純粋にタイムが伸びるのだとは思いますが、距離を走るのが比較的苦手(精神的に弱いだけ)な僕がサブスリーした時は、思ったよりも計画的にレースで練習が積めていました。

 

関連記事

kou90ersrun.hatenablog.com