走シンドローム

大会の出走記を中心にマラソン・ランニングの情報を独断と偏見によってまとめます。栃木県中心。※内容の正誤はご自身で確かめ、ご判断ください。

フォトロゲイニング宇都宮(視察)

本日は宇都宮市で開催されたロゲイニングイベントを視察してきました。ロゲイニング…聞き慣れない。

簡単に説明すると、決められた時間内に地図を読み解きながらチェックポイントを周り、それぞれで写真を撮影する。多く撮影できたチームが勝ち!みたいな感じです。

moshicom.com

 

栃木県では初開催だそうで、主に餃子屋さんをチェックポイントになってました。制限時間は3時間。最大チェックポイント数は25ヵ所。全て回ると30キロ弱くらいになるそう。頑張ればいけそう…とか思いましたが、信号を守ったり、近くにいってもチェックポイントが見つからなかったりと、ロスがある中ではなかなか難しそうです。

 

スタート時間に一斉に地図が配られます。そこから3時間。すぐに出ていくチームや、その場で10分くらい作戦を立てるチーム。なるほど、これは普通のマラソンと違って面白いなと思いました。後は、子供も連れてくる人もいて、それもまた特殊だなぁーと。

余談ですが、今日は夏日。こんなに暑い中で、ほとんど初心者のような人もいて、大丈夫なのかなぁとも思ってみてました。

ただ、結果は意外。みんな思ったよりも楽しそうに長い距離を走ってくるのです。気づいたら20キロも走ってた、とか、1年分走ったという初心者まで(笑)。楽しく距離を走れるというイベントはなかなかないので、いいですね。

結果的に最高記録は21ヵ所だったようです。やはり近くにいっても肝心のポイントがわかりにくいなど、探す楽しみもあるよう。また、今回は回れた数で抽選会が実施されていました。5等のあめだとちょっと寂しい(笑)。

 

参加費3500円と高いイメージ。でも、楽しそうなのでもうひとひねり工夫があれば流行りそうだなぁーと思いました。

 

主催は「走ろうにっぽんプロジェクト」を実施しているアールビーズ。

runnippon.jp